トップページへ メールマガジン無料登録

35.糖尿病ラットができた:無から有が出た

1. ラット250匹を発注して開始
 1971年春の新卒者8名が入局するのを待って診療を始めた。インターン制度もなく実地の経験のない学士試験を通っただけの医局員なので、他の医局からいただいた講師の方々や古手の助手の方々は、日常診療のやり方を指導するのに大変であった。2年が過ぎて診療も軌道にのり実験室にも測定器が並ぶようになった。そこで遺伝の研究をやりたいという希望をもって入局した柿崎正栄助手に正常ラットから糖尿病ラットを作る実験計画を話した。柿崎助手は計画に同意し、日本クレア野川飼育場にWistar系ラットを250匹発注した。米国で研究していたとき、マロニービル7階にあった実験室の窓から下を見ると道路の向側にWistar研究所があり、脂肪組織の代謝に使用するラットはそこから購入していたので、Wistarラットには特別な思いを抱いていた。

 体重Kg当りグルコース2gとなるようにグルコース液を注射器に入れ、注射針の代わりに金属製のラット胃ゾンデをつけて胃内に注入した。血糖測定は、まだ簡易血糖測定器のない時代であったので、尻尾の先端を傷つけて血液0.05mlをハーゲドロンピペットで吸い取って除蛋白試薬に入れ、除蛋白した濾液にglucostat(Glucose-Oxidase)を反応させて比色定量した。負荷前、グルコース負荷後30分、60分、90分、120分と5回採血し、放尿したときにはTes-Tapeで尿糖をチェックした。この方式で筆者と柿崎助手は1973年10月2日から実験を始めた。GTTでは血糖がやや高値で特に60、90、120分値が高いものを選んで、1、2週後に再度GTTを行った。このようにして雄130匹、雌81匹の中から比較的GTTが正常より逸脱しいるもの雄9匹、雌9匹を選んで交配を行った。糖尿病のものはいなかった。次第にGTTを行うラットが増えたので柾木尚義医師にも手伝ってもらった。

 交配によって雄89匹、雌73匹が生まれた。これらの仔は体重80gになった時点で雄、雌を別々のケージに入れて飼育した。これらが体重150〜180gになるのを待って同様にGTTを行い、逸脱の度合いの強いものを選んで、1、2週後に再度GTTを行い雄12匹、雌13匹を選んで交配を行った。このようにしてF2は雄116匹、雌88匹が生まれた。そしてF2にはGTTが糖尿病型のものも現れた。GTTの5つの血糖値の和を血糖和として、その分布を図1に示したが、F1、F2と血糖和が高値に偏位するのが明確になった。GTTの平均値は次のようであった。

 群 
 性 
 数 
 空腹時 
 30分 
 60分 
 90分 
 120分 
 血糖和 
 (mg/dL) 

P
M
130
79
139
131
107
95
552
P
F
81
81
142
129
112
103
568
F1
M
89
96
167
149
126
112
649
F1
F
73
93
157
136
121
115
624
F2
M
116
103
192
162
137
123
719
F2
F
88
102
180
152
136
126
698
図1 GTT血糖和の頻度分布

横軸は血糖和(mg/dL) 縦軸は頻度分布(%)
2. 成果を早く知らせたい
 この結果をみて、「糖尿病ラットができた」と思った。これはまさしく何年間も抱いていた作業仮説がその通りに証明されたことになる。1974年初夏のことで、筆者はその頃非常に興奮していた、と後に教室員が語っている。1日でも早く成果を知らせたいと思い1974年7月18日(木)弘前大学臨床講堂で開かれた第78回弘前医学会例会で「耐糖能低下ラットの累代交配による糖尿病状態の出現」の演題で柿崎、柾木、後藤の名で柿崎助手が発表し、質疑の後に後藤は次のように発言したのが記録されている。
    発言
  1. この実験成績は糖尿病の遺伝は多因子によることを示すものであり、1、2の遺伝子で決定されるという説を否定するものといえる。
  2. さて、耐糖能の低下をさらに濃縮した場合にketoticな若年型糖尿病ができるか否かを今後追及するが、もし重症のものができれば、成人型、老年型というものは本質的な差がないことになる。
  3. 重症になれば繁殖力が低下するが、その場合インスリン注射でコントロールして交配すれば正常ラットが生まれるか、やはり糖尿病ラットか。また正常ラットとの交配では何代で全て正常となるかなどの問題がある。この研究では糖尿病の予防についても示唆が得られよう。
  4. 糖尿病ラットができれば血管合併症の研究も、また糖尿病の治療法の研究も可能となる。
  5. このように正常ラットから選抜交配の継続による自然発症糖尿病を弘前糖尿病と呼びたい。
  6. 同様な方式で高脂血症、高尿酸血症動物なども作ることが可能と考えられる。(弘前医学、444-445頁、1974年)
 その年の11月8日宮城県医師会館で第12回日本糖尿病学会東北地方会が開かれ「自然発症糖尿病ラットに関する研究、第2報、親と仔の耐糖能の比較」という第で柿崎正栄助手が発表した。(糖尿病、13巻3号、297頁、1975年)

 11月17日には日本内分泌学会東部部会集会が都市センターで開かれ第2日目午前第1会場81席で「耐糖能低下ラットの選抜交配反復による糖尿病出現について」の題で後藤が発表した。抄録の結論には、選抜交配の継続によって正常ラットから自然発症糖尿病が出現することが明らかになり、この意義はきわめて重要なことだと考える、と記されている。

 ラットを飼育して雌が雄よりも小さいこともわかった。生後2週目では写真4のように親指大であるが、それでも血糖が高いこともわかった。成果は英文でも発表した。最も嬉しい時期であった。

写真1 繁殖用ケージの前で
左から柿崎、後藤、柾木、福士の諸氏
写真2 ラットのケージの前にて
写真3 糖尿病ラット
写真4 糖尿病ラット

左は生後2週目

(2005年11月03日更新)

  1. 40分かかって血糖値がでた
  2. 診断基準がないのに診断していた
  3. 輸入が途絶えて魚インスリンが製品化
  4. 糖尿病の研究をはじめる
  5. 問題は解けた
  6. 連理草から糖尿病の錠剤ができた
  7. WHOの問合わせで集団検診開始、GTTでインスリン治療予知を研究
  8. インスリン治療で眼底出血が起こった
  9. 日本糖尿病学会が設立
    そこでPGTTを発表
  10. 糖尿病の病態を探る
  11. 経口血糖降下薬時代の幕開け
  12. 分院の任期を終えて米国へ
  13. 米国での研究
  14. 2年目のアメリカ生活
  15. 食品交換表はこうしてできた
  16. 日本糖尿病協会の出発
  17. 糖尿病小児の苦難の道
  18. 子どもは産めないと言われた
  19. 発病する前に異常はないか
  20. 前糖尿病期に現れる異常
  21. 栄養素のベストの割合
  22. ステロイド糖尿病
  23. 網膜脂血症
  24. 腎症と肝性糖尿病
  25. 糖尿病者への糖質輸液
  26. 糖尿病と肥満
  27. 血糖簡易測定器が作られた
  28. 糖尿病外来がふえる
  29. 神経障害に驚く
  30. 低血糖をよく知っておこう
  31. 血糖の日内変動とM値
  32. 血糖不安定指数
  33. 神経障害のビタミン治療
  34. 糖尿病になる動物を作ろう
  35. 糖尿病ラットができた:無から有が出た
  36. 国際会議の開催
  37. IAPで糖尿病はなおらないか
  38. 日本糖尿病学会を弘前で開催
  39. 糖尿病のnatural history
  40. 薬で糖尿病を予防できる
  41. 若い人達の糖尿病
  42. 日本糖尿病協会が20周年を迎える
  43. 糖尿病の増減
  44. 自律神経障害 (1)
  45. 自律神経障害 (2)
  46. 自律神経障害 (3)
  47. 自律神経障害 (4) 排尿障害
  48. 自律神経障害 (5)
  49. 瞳孔反射と血小板機能
  50. 合併症の全国調査
  51. 炭水化物消化阻害薬(α-GT)
  52. アルドース還元酵素阻害薬
  53. 神経障害治療薬の開発
  54. 人間ドックと糖尿病
  55. 糖尿病検診と予防
  56. 中国医学と糖尿病
  57. 日本糖尿病協会の発展
  58. 学会賞
  59. 糖尿病の病期
  60. 食事療法から夢の実現へ
  61. インスリン治療と注射量
  62. インスリン治療と低血糖
  63. 糖尿病の性比
  64. 糖尿病と動脈硬化─高血糖は動脈硬化を促すか?─(1)
  65. 糖尿病と動脈硬化─高血糖は動脈硬化を促すか?─(2)