ニュース

2018年05月25日

1型糖尿病、ホルモン2剤併用人工膵臓は運動中の低血糖を抑制

ホルモン2剤併用人工膵臓は運動中の低血糖を抑制 成人1型糖尿病患者で検討

 2種類のホルモン剤(インスリンおよびグルカゴン)を用いたクローズドループ型の人工膵臓システムは、運動状態を自動検出するウエアラブルセンサーを装着すると、インスリンのみの人工膵臓や自動注入インスリンポンプと比べて運動中の低血糖を抑えられることが、「Diabetes Care」5月11日オンライン版に掲載された論文で報告された。

記事全文は「糖尿病リソースガイド」でご覧ください ▶

[ DM-NET ]
日本医療・健康情報研究所

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲