糖尿病Q&A1000 トップページへ メールマガジン無料登録
03 合併症ってなんだ? - そのほかの合併症
Q.389 脂質代謝とは?
A.  食べた物から吸収された脂質、または肝臓や腸で合成された脂質は、血液の流れに乗って少しずつ性質を変化させながら全身に運ばれていき、細胞膜やホルモンの材料として使われたり、エネルギー源になったりしています。また、末梢の余分な脂質は肝臓に戻ってきて再処理されます。このような脂質の変化・サイクルのことを脂質代謝といいます。
 なお、脂質は油ですからそのままでは血液となじみません。そのため周りを蛋白質で取り囲み「リポ蛋白」というものになって血液中を流れています。
« 戻る

Copyright ©1996-2019 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。