糖尿病Q&A1000 トップページへ メールマガジン無料登録
03 合併症ってなんだ? - 動脈硬化
Q.340 脳梗塞は、どのようにして起こるのでしょうか?
A.  脳血栓と脳塞栓の二通りがありますが、いずれも動脈硬化によって脳の血管が狭くなっていることが、発病の基本にあります。
 脳血管の内径が狭くなった部分は血流速度が遅く、血液が滞りがちになっています。そのために血栓が形成されて血流を塞ぐのが脳血栓です。この場合、数時間かけて比較的ゆっくりと、脳卒中の症状が進みます。
 脳塞栓は、脳よりもより心臓に近い側の血管の動脈硬化で生じた血栓が、なにかの拍子に剥がれて脳へ流されてきて、そこで血流を塞いで起こる梗塞です。血栓による脳梗塞に比べると症状の進み方が急で、突然ろれつが回らなくなったり、手足が麻痺したりします。
« 戻る

Copyright ©1996-2019 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。