糖尿病の本・ビデオ

カテゴリ一覧

医療関係者対象

ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブック Ver.4

2019.05.31

あのロングセラーが約2年ぶりに全面改訂! 新規項目として,1:診断・分類・問診・診療のポイント,2:喫煙と糖尿病,3:1型糖尿病(内科医の立場から,小児科医の立場から),4:眼科から見た糖尿病網膜症,を追加し糖尿病の全分野を網羅した.もちろん,最新のエビデンス・ガイドライン,薬剤に関する動向などの解説も充実.糖尿病診療のバイブル!

A5判 430頁 定価(本体3,800円 + 税) 2019年03月発行  株式会社中外医学社
出版社ホームページ→書籍紹介ページへ


日本サルコペニア・フレイル学会雑誌

2017.07.07

比較的新しい概念であるサルコペニアやフレイルについて広く啓発していく。

特集:健康寿命延伸のためのサルコペニア対策―現状の課題と今後の展望

●A4変・62ページ 本体\2,000+税 2017年発行 メディカルレビュー社
 出版社ホームページ→トップ


糖尿病最新の治療2016-2018: オンラインアクセス権付

2017.06.29


内容紹介

 最新情報と治療方針を整理し、簡潔にまとめた「最新の治療」シリーズの糖尿病版。巻頭トピックスでは、「腎再生の最前線」「DPP-4阻害薬の大規模臨床試験」「合併症治療への新たなアプローチ:神経障害を中心に」などの注目テーマを取り上げた。各論では、基本的治療だけでなく、各病態、合併症がある場合の治療も具体的に解説し、一冊で糖尿病の最新の治療法が網羅できる。

●342ページ・2016年・B5・8,000円 + 税
 出版社ホームページ→書籍紹介ページ



フレーズで納得!CGMパターンで解決!糖尿病治療テクニック

2017.06.29


内容紹介

 CGM(持続血糖モニター)の第一人者が、研究成果から導き出した血糖変動をパターン化。薬物療法による治療後のCGMパターンを波形の特徴を覚えやすいフレーズとクイズで解説。“見て・読んで・声に出して”治療薬別のCGMパターンを覚えて患者さんの血糖コントロールを改善するテクニックが自然と身につく。糖尿病診療に関わるすべてのスタッフに役立つ、これまでになかった一冊。

●166 ページ・2015年・B5・3,000円 + 税
 出版社ホームページ→書籍紹介ページ


小児・思春期1型糖尿病の診療ガイド

2017.06.28


内容(出版社HPより)
主に小児糖尿病診療を専門としない実地医家を対象に,小児・思春期における1型糖尿病診療のノウハウを平易にまとめた,日本糖尿病学会・日本小児内分泌学会による書籍.両学会編著による『小児・思春期糖尿病コンセンサス・ガイドライン』の内容をもとに,要点を簡潔な箇条書きとしており,実臨床においてすぐに活用できる.

●102ページ・2017年6月・B5・1,800円 + 税
 出版社ホームページ→書籍紹介ページ


1 2 3 4

このページの
TOPへ ▲