学会・イベント 情報

医療スタッフ向け
第33回内分泌糖尿病心理行動研究会
「薬物療法を有効にする心理行動科学的アプローチ」
・ 本研究会は日本心身医学会(3単位)および日本心療内科学会認定(2回参加で2単位)
・ 日本糖尿病療養指導士認定の対象研修会(1単位)です。
日 時
2020年4月19日(日)14:00~17:40
場 所
グランフロント大阪 北館10F Room B01+B02
大阪府大阪市北区大深町3-1地図
代表世話人
深尾篤嗣(茨木市保健医療センター 所長)
テーマ
薬物療法を有効にする心理行動科学的アプローチ
内 容

開会の辞 (14:00~14:05)
深尾篤嗣 先生(茨木市保健医療センター 所長)

一般講演 (14:05~14:25)
「バセドウ病とともに生きる人の服薬アドヒアランスとその関連要因」
座長:任 和子 先生(京都大学人間健康学科 教授)
演者:八木順子 先生(隈病院)

教育講演 (14:25~14:50)
「糖尿病診療における医療者の医療学的態度の重要性~SGLT2阻害薬で気づいたこと~」
座長:浅野麻衣 先生(京都府立医科大学大学院医学研究科 内分泌・代謝内科学 学内講師)
演者:山﨑真裕 先生(京都府立医科大学大学院医学研究科 内分泌・代謝内科学 講師)

----- 休憩 (14:50~15:00) -----

特別講演 (15:00~17:35)
「薬物療法を有効にする心理行動科学的アプローチ大決戦~コーチング vs 動機付け面接 vs ACT~」
座長:巣黒慎太郎 先生(住友病院)

コーチング
「薬物療法を有効にするためのコーチング」

演者:大石まり子 先生(大石内科クリニック 院長)

動機付け面接
「薬物療法を有効にするための動機付け面接」

川村智行 先生(大阪市立大学医学部小児科 講師)

ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)
「薬物療法を有効にするためのACT」

大屋藍子 先生(同志社大学 心理学部 助教)

閉会の辞 (17:35~17:40)
浅野麻衣 先生(京都府立医科大学大学院医学研究科内分泌・代謝内科学 学内講師)

参加費
当日会費1,000円を徴収させて頂きます。
本会は参加申し込み不要です。
本会におきましては、規則により共催会社による旅費の負担が出来ませんことをご了承下さい。
共 催
内分泌糖尿病心理行動研究会、MSD株式会社
[ Terahata ]
2020年02月

2月24日(月)

和歌山
2020年03月

3月1日(日)

新潟

3月6日(金)~7日(土)

福岡

3月7日(土)~8日(日)

千葉

3月7日(土)

京都

3月12日(木)~14日(土)

横浜

3月13日(金)~14日(土)

金沢

3月13日(金)~15日(日)

京都

3月21日(土)

東京

3月21日(土)

大阪

3月22日(日)

川崎

3月22日(日)

東京

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2020 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲