ニュース

2018年08月24日

妊娠中の甲状腺機能障害が妊娠糖尿病リスクと関連か

妊娠中の甲状腺機能障害が妊娠糖尿病リスクと関連か

 妊娠中に甲状腺ホルモンのFT3(遊離トリヨードサイロニン)値またはFT3/FT4(遊離サイロキシン)比が高いことは、妊娠糖尿病(GDM)の発症リスク上昇と関連する一方で、FT4やTSH(甲状腺刺激ホルモン)の値はGDMリスクと関連しない可能性を示す研究結果が、「Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism」7月1日号に掲載された。

記事全文は「糖尿病リソースガイド」でご覧ください ▶

[ DM-NET ]
日本医療・健康情報研究所

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲