資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
健診で高血糖が見つかった人の10年後の医療費は1.7倍
2005年10月15日
カテゴリー: 

血糖値などに異常のあった群の43%が糖尿病に

 健康診断を受けた時に血糖値の異常が見つかった人は、「異常なし」の人に比べ、10年後の医療費が約1.7倍かかることが医療経済研究機構がまとめた調査でわかった。
 この調査は、中小企業の会社員らが加入する政府管掌健康保険の加入者の中で、健診受診率の高かった三重県の約2,800人を対象に、1993年度の健診結果と2003年度の診療報酬明細書(レセプト)を比較し検討したもの。

 調査では「肥満(BMI)」、「血圧」、「脂質(コレステロール)」、「血糖値」という生活習慣病に関連する4つの検査で異常が見つかった人の10年間の医療費の推移を調査した。

 血糖値等の代謝系の健診結果で異常があった群では、10年以内に43%が糖尿病になっており、異常がなかった人が7%だったのに比べ約6倍の開きがあることも判明。さらに、4つの検査のすべてに異常が見つかった人は、「異常なし」の人に比べ10年後の医療費が3倍以上かかっていた。

 糖尿病合併症のある患者とない患者の医療費を比べたところ、5年前はほぼ同額であったのが、年々格差が広がり現在の医療費では10万円以上の差が生じていた。

 この調査は、1993年度から2003年度まで継続して働いていた人を対象にしているので、糖尿病性腎症を発症して透析療法を開始し、治療のために会社を辞めた患者は除かれてある。透析で高額の医療費がかかる場合を含めると、さらに医療費の差が開くとみられている。

出典:「政府管掌健康保険における医療費等に関する調査研究報告書」(医療経済研究機構)

詳細は厚生労働省のサイトへ

[ DM-NET ]
カテゴリー :  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

※2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で
表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。
Copyright ©1996-2018 Soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。
全国生活習慣病予防月間2018川柳・イラスト募集
いいね!記事ランキング
更新情報配信中!