トップページへ メールマガジン無料登録

10.糖尿病の病態を探る

 戦争の鎖国状態から開放され、徐々に新しい学問が流れてきた。物がない、試薬の純度が悪い、という状況ではあったが、その中で苦心しながらの研究が行われていた。TCA回路は1937年 H. A. Krebs により提唱され1953年にノーベル賞を受賞したこともあって、1955年頃には臨床医学雑誌にもその解説が載るようになり、筆者も総説を書かされた。実験的糖尿病動物ではTCAサイクルにも異常がみられるという知見も報告された。
 われわれ5人のグループも解糖系やTCA回路に関心を持ち血液のATPの動きをみることを試みた。血液中の高エネルギーリン酸結合しているリンを測定したわけで、隔靴掻痒、大樹の葉を眺めて根の状態をみているようなことではあった。グルコース50g、バター25gを摂った場合やアドレナリン 0.5mg 皮下注射などによって血中ATPと無機リンにはつぎの図1〜6のように健常者と糖尿病とには明らかな変動の差がみられた。
 当時スルホニル尿素剤のBZ55(カルブタマイド)、ビグアナイド剤のDB1(フエンホルミン)が臨床に導入されたので、インスリンとともにそれらの負荷による変化も検討した。

図1〜6 
血液のATPと無機リンの変動
図1
図2
図3
図4
図5
図6
Tohoku J.exp.Med.67,65-72,1957より

 また、アロキサン糖尿病ウサギについては肝のATPの測定も行った。さらにピルビン酸ソーダ10gを静注して尿中のピルビン酸、α−ケトグルタル酸、クエン酸などの経時的排泄量の測定も行った。有意の差は部分的にしか得られなかった。
 また、アセチルCoAの状態を間接的にうかがう目的でPABAを0.5gあるいはスルファニルアマイド1gを服用しそれらがアセチル化されて尿中に排泄されるのを測定した。アセチル化には健常者と糖尿病とに差はみられなかったが、図7のように加齢とともに低下するのが認められた。

図7 
PABAのアセチル化率
図8 PABA0.5g服用し24時間尿中に排泄されたPABAのアセチル化率を測定。糖尿病と健常者には差はなく加齢により低下する傾向が見られた。
New Engl.J.Med.261,440-442,1959より
血糖のCV較差
 毛細血管血のグルコース濃度は動脈血のそれとほぼ同じといわれているので、グルコース負荷後の耳朶血と静脈血との血糖の差(CV較差)から末梢組織におけるグルコースの利用を間接的にみることを試みた。その結果は図8のようで、2時間の較差の和には糖尿病と健常者に有意の差はなく、ほぼ同じように代謝が行われているものと思われた。

図8 
グルコース50g服用時の毛細血管血と静脈血との血糖の差の時間的推移
Tohoku J.exp.Med.69,113-136,1959より

 これらの研究から、アロキサン糖尿病動物のような重症糖尿病でなければTCAサイクルなどには変化は起こらない、すなわちグルコースをはじめ代謝は代償されているものと思われた。

(2003年10月03日更新)

  1. 40分かかって血糖値がでた
  2. 診断基準がないのに診断していた
  3. 輸入が途絶えて魚インスリンが製品化
  4. 糖尿病の研究をはじめる
  5. 問題は解けた
  6. 連理草から糖尿病の錠剤ができた
  7. WHOの問合わせで集団検診開始、GTTでインスリン治療予知を研究
  8. インスリン治療で眼底出血が起こった
  9. 日本糖尿病学会が設立
    そこでPGTTを発表
  10. 糖尿病の病態を探る
  11. 経口血糖降下薬時代の幕開け
  12. 分院の任期を終えて米国へ
  13. 米国での研究
  14. 2年目のアメリカ生活
  15. 食品交換表はこうしてできた
  16. 日本糖尿病協会の出発
  17. 糖尿病小児の苦難の道
  18. 子どもは産めないと言われた
  19. 発病する前に異常はないか
  20. 前糖尿病期に現れる異常
  21. 栄養素のベストの割合
  22. ステロイド糖尿病
  23. 網膜脂血症
  24. 腎症と肝性糖尿病
  25. 糖尿病者への糖質輸液
  26. 糖尿病と肥満
  27. 血糖簡易測定器が作られた
  28. 糖尿病外来がふえる
  29. 神経障害に驚く
  30. 低血糖をよく知っておこう
  31. 血糖の日内変動とM値
  32. 血糖不安定指数
  33. 神経障害のビタミン治療
  34. 糖尿病になる動物を作ろう
  35. 糖尿病ラットができた:無から有が出た
  36. 国際会議の開催
  37. IAPで糖尿病はなおらないか
  38. 日本糖尿病学会を弘前で開催
  39. 糖尿病のnatural history
  40. 薬で糖尿病を予防できる
  41. 若い人達の糖尿病
  42. 日本糖尿病協会が20周年を迎える
  43. 糖尿病の増減
  44. 自律神経障害 (1)
  45. 自律神経障害 (2)
  46. 自律神経障害 (3)
  47. 自律神経障害 (4) 排尿障害
  48. 自律神経障害 (5)
  49. 瞳孔反射と血小板機能
  50. 合併症の全国調査
  51. 炭水化物消化阻害薬(α-GT)
  52. アルドース還元酵素阻害薬
  53. 神経障害治療薬の開発
  54. 人間ドックと糖尿病
  55. 糖尿病検診と予防
  56. 中国医学と糖尿病
  57. 日本糖尿病協会の発展
  58. 学会賞
  59. 糖尿病の病期
  60. 食事療法から夢の実現へ
  61. インスリン治療と注射量
  62. インスリン治療と低血糖
  63. 糖尿病の性比
  64. 糖尿病と動脈硬化─高血糖は動脈硬化を促すか?─(1)
  65. 糖尿病と動脈硬化─高血糖は動脈硬化を促すか?─(2)