ネットワークアンケート

医療スタッフのための『糖尿病情報 BOX&Net.』No.62 掲載

糖尿病患者さんのための災害対策

医療スタッフ向けアンケート

患者さん・ご家族に聞きました

災害時の対策をしていますか?

62pe_01.png

「対策している」は約3割。患者さんの約7割の人が、災害に備えた対策を「あまりできていない」「対策していない」と回答しました。

どのような対策をしていますか?

62pe_02.png

具体的な対策の内容としては「糖尿病連携手帳やお薬手帳、保険証を持ち歩くようにしている」「インスリン製剤や経口薬を備蓄している」がほぼ同数で最も多く、次いで「処方薬名を覚えるようにしている」が多い結果となりました。

災害に対してどんなことが不安ですか?

62pe_03.png

災害を経験したことのない患者さんに、どんなことが不安かを質問。1位は「薬剤やインスリンの不足」、次いで「血糖コントロールがしづらくなること」が2位、「栄養バランスに配慮した食事が摂れるか」が3位でした。

災害時、最も困ったことは?

62pe_04.png

回答者の約7人に1人が、実際に災害を経験しており、災害時に最も困ったこととして「バランスの良い食事が摂れなかった」が最も多くあがりました。
また、「血糖値が上がった」「ふだんに比べて血糖値がコントロールしづらかった」という声が少なくなく、災害未経験の患者さんが不安に感じているように、災害時には血糖コントロールがしづらくなる様子がうかがえました。
一方で、薬剤やインスリンの不足に困ったという声は、あまりあがりませんでした。

■関連記事「災害に備えて」https://dm-net.co.jp/saigai/

<調査概要>
実施時期:2019 年 8 月
調査方法:インターネット調査
対象  :「糖尿病ネットワーク」「糖尿病リソースガイド」メールマガジン会員
<回答者の属性>
患者さんやその家族 404 名
病態:1 型糖尿病 157 名、2 型糖尿病 237 名、その他の糖尿病 8 名、患者さんの家族 1 名、その他 1 名 

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2021 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲