ネットワークアンケート

医療スタッフのための『糖尿病情報 BOX&Net.』No.62 掲載

糖尿病患者さんのための災害対策

患者さんへのアンケート

医療スタッフに聞きました

患者さんへ災害時の指導を行っていますか?

62dr_01.png

「必ず実施している」は、1割程度。医療スタッフの約7割は「必要に応じて」「患者さんから問い合わせがあれば」実施していると答えています。一方、「実施していない」というスタッフも少なくないようですが、こちらには指導を担う職種ではない方も含まれています。

どのような指導を行っていますか?

62dr_02.png

糖尿病連携手帳やお薬手帳などの携帯についてや、薬剤の備蓄について指導しているという声が多くあがりましたが、低血糖の対応や食事の注意、インスリン注射や経口薬の服用の注意など、指導の内容は多岐にわたっています。

災害に対して、どのようなことが不安ですか?

62dr_03.png

災害を経験したことのないスタッフに災害への不安を聞いたところ、「薬剤やインスリンの不足」をあげる人が最も多く、次いで「患者さんの血糖コントロールの維持」や治療履歴、処方薬の確認がとれなくなることを危惧する声があがりました。

災害時、最も困ったことは何ですか?

62dr_04.png

一方、実際に災害を経験したというスタッフからは「栄養バランスの良い食事の確保」という声が1位に。災害を経験したことのある患者さんでも同様の結果だったことから、災害時は「栄養バランスの良い食事の確保」がいかに難しいかがうかがえます。

<調査概要>
実施時期:2019 年 8 月
調査方法:インターネット調査
対象  :「糖尿病ネットワーク」「糖尿病リソースガイド」メールマガジン会員
<回答者の属性>
医療スタッフ 85 名
職種:医師 13 名、看護師・准看護師 35 名、管理栄養士・栄養士 12 名、薬剤師 14 名、保健師 4 名、臨床検査技師 1 名、理学療法士 2 名、その他 8 名
no62_01.png
このアンケートは、「糖尿病情報BOX&Net.No.62」に掲載されてたものです。

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2021 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲