資料室

facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
院内測定用グルコース(血糖)分析装置「グルテストミント」
2012年03月06日
カテゴリー:2012年 

 三和化学研究所は、パナソニック ヘルスケアと共同開発した、操作が簡単でハンディタイプの院内測定用グルコース(血糖)分析装置「グルテストミント」と、同装置専用のグルコースキット「ミントセンサー」を、3月2日に発売した。


グルテストミント
グルテストミント/ミントセンサーの特長
  1. 高性能を追求
    • 測定範囲は10mg/dL〜1000mg/dLと低血糖から高血糖まで幅広く対応できる。
    • ヘマトクリット、酸素分圧、マルトースの影響を受けない。 ※ヘマトクリット値は、20〜70%の範囲 ・全血(毛細管血、静脈血、動脈血) ・血漿の測定が可能。
  2. 誤記・転記ミスの防止に貢献
    • バーコードリーダーを搭載し、患者さんの取り違えや誤記・転記ミスの防止に貢献する。
    • データ管理ソフトをパソコンにインストールして、電子カルテなどの外部システムにデータ出力できる。
  3. カラー液晶と日本語表記
    • 見やすくわかりやすいカラー液晶画面に、操作方法やエラーメッセージを日本語で表示する。
  4. センサー排出レバーと保護カバー装備
    • センサー排出レバーで使用済みセンサーに触れずに廃棄でき、取り外し可能な保護カバーで感染予防対策を高めている。
グルテストミント/ミントセンサーの主な仕様
検体量:0.6μL
測定時間:7秒
測定範囲:全血:10mg/dL〜1000mg/dL(測定範囲は業界トップクラス:2012年2月27日時点)
血漿:10mg/dL〜600mg/dL(POCT機として血漿にて測定可能は日本初:2012年2月27日時点)
測定原理:FAD-GDH酵素電極法
サイズ:幅:57mm奥行:169mm高さ:37mm
重量:約170g
電源:リチウムイオン充電池
測定結果保存件数:患者測定結果:1000件、QC測定結果:200件

三和化学研究所

[ Terahata ]
カテゴリー :2012年  

■最新ニュース

ニュース一覧へ ▶

更新情報配信中!