ニュース

2008年06月24日

カテゴリーキーワード:

ボタン操作不要で「簡単・安全」を追求した血糖測定器

 三和化学研究所は、「より安全・安心に、より簡単に、より便利に」を追求したという小型血糖測定器「グルテスト エブリ」を発売した。

グルテスト エブリ
 「グルテスト エブリ」は同社の「グルテストエースR」「グルテストPROR」の後継機種にあたり、グルテストセンサーも共通で使用できる。両機種それぞれの特長をいかし、さらに便利で使いやすい機種に改良したという。

 国際糖尿病連合(IDF)の新しいガイドラインでは、合併症、特に心疾患のリスクを減らすために、食後の血糖値管理が重要で、綿密に血糖値を測定すべきと強調している。「グルテスト エブリ」は、食後の血糖値測定の際に使える「食事開始時刻からの経過時間」を表示する機能を搭載した。

 その他の特長は下記の通り―

  • 感染予防対策として、手を触れずにワンタッチでグルテストセンサーを廃棄できる。
  • ボタン操作が不要な「ノー補正」「ノーボタン」。
  • 血液量が足りないとブザー音とエラー表示で知らせる血液量検知機能を搭載。
  • 操作するときに持ちやすいように、側面にラバーを装備。
  • コンピュータにデータを取り込む機能を搭載。別売の解析ソフトを使用することで、医療スタッフがより具体的に視覚に訴えた患者指導に役立てることができる。
(株)三和化学研究所

関連情報
食後血糖を管理する機能のある血糖測定器

このページの記事は三和化学研究所が6月5日付で発表したプレスリリースを元にしています。
[ Terahata ]

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲