ニュース

2008年01月05日

メニューに栄養成分表示700店に [岡山]

カテゴリーキーワード
登録証(ステッカー)
 岡山県は、メニューに栄養成分を表示し、健康づくりや食生活改善に配慮したサービスなどに取り組む飲食店を募集している

 栄養成分の計算や表示方法などを、県の栄養士会らが支援するという。登録店の募集は2003年度より始められ、資格を満たし「栄養成分表示の店」として登録された店は、昨年末の時点で約700店に上る。

 栄養成分表示では、代表的なメニューのエネルギー、蛋白質、脂質、炭水化物、塩分や、ビタミンやミネラルなどを表示する

 例えば、主食、主菜、副菜がそろった「バランスメニュー」「低カロリーメニュー」「野菜たっぷり料理」「大盛り、小盛りなど量の調整」などのメニューやサービスを提供できる店では、サービスメニューステッカーを表示できる

 保健所や栄養士会による栄養価の計算結果に基づき多少のメニュー変更ができることや、ヘルシーメニューの提供や栄養表示を継続してできるなどが応募資格となる。認定登録店は県のホームページやパンフレットに紹介される

岡山県「栄養成分表示の店」
岡山県「メタボリックシンドローム改善支援マニュアル」

[ Terahata ]
日本医療・健康情報研究所

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲