ニュース

2007年05月22日

日本栄養士会と連携した特定保健指導サービス 旭化成

カテゴリーキーワード:
 旭化成は、特定保健指導を実施するためのプログラム「げんき!家族応援団」を今年6月より始めると発表した。日本栄養士会(会長・中村丁次)が全国の都道府県栄養士会と展開している「栄養ケア・ステーション」と連携してサービスを提供する。

旭化成「げんき!食卓」
ホームページ

 2008年度より、「特定健康診査・特定保健指導」が健康保険組合や国民健康保険などの医療保険者に義務付けられる。特定保健指導は、保険者が企業などに業務委託することができる。

 「げんき!家族応援団」は特定保健指導で必須事項となる「初回面談」を実施するうえで役立つプログラム。同社が展開している栄養指導システム「げんき!食卓」のノウハウと、特定保健指導の資格者である「栄養ケア・ステーション」の管理栄養士を活用することで実現した。

 日本栄養士会などが実施する保健指導の専門的な教育・研修を受けた同社専属の管理栄養士などが対応し、初回面談で直接指導を実施した後、電話やメールによる指導を3〜6カ月間実施するというもの。

 「げんき!食卓」は、デジタルカメラやカメラ付き携帯電話で撮影した食事の写真を、インターネット経由で送信してもらい、管理栄養士が栄養分析し、食事についてアドバイスをするというサービス。

 この「げんき!食卓」を利用した食事分析や、専用機器を装着してもらい身体活動を記録し分析するなど、生活習慣の改善を食事と運動の両面から保健指導の対象者をサポートする。

詳しくは旭化成(株)のサイトへ(プレスリリース)
げんき!食卓(旭化成)

[ Terahata ]

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲