ニュース

2006年12月11日

糖尿病の総患者数は247万人 厚労省調査

カテゴリーキーワード:
平成17年(2005年)患者調査の概況

 厚生労働省が2005年に実施した患者調査の概況が発表された。調査は、病院や診療所など医療施設を利用している患者について、傷病状況の実態を明らかにする目的で3年に一度実施されている。

 それによると、糖尿病の総患者数(継続的に医療を受けている患者数の推計値)の推計は、男性132万3,000人、女性114万7,000人、計246万9,000人となっている。前回の2002年調査に比べて18万5,000人、8.0%の増加。

 高血圧症が最も患者数が多く約781万人、前回調査より82万4000人増えた。その他、悪性新生物(がん)の約142万人など、生活習慣病に関連した疾患が目立っている。

 主要な傷病の総患者数は以下の通り

高血圧性疾患780万9,000人(前回比11.7%増)
歯及び歯の支持組織の疾患566万4,000人(同16.3%増)
糖尿病246万9,000人(同8.0%増)
悪性新生物142万3,000人(同11.1%増)
脳血管疾患136万5,000人(同0.6%減)
白内障128万8,000人(同0.3%減)
喘息109万2,000人(同2.1%増)
平成17年(2005)患者調査の概況(厚生労働省)
[ Terahata ]

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲