ニュース

2004年04月29日

米国の成人の40%が糖尿病予備群

カテゴリーキーワード:
 米国保健社会福祉省(HHS)は、米国の前糖尿病(Pre-Diabetes)の人は4,100万人と推定され、40歳から74歳の成人の約40%が該当すると発表した。放置しておくと、2型糖尿病、心臓病、脳卒中の発症リスクが高まると警告している。

 昨年11月に米国の糖尿病の判定基準が米国糖尿病学会(ADA)により改定され、空腹時血糖異常(IFG)の基準が「110〜125mg/dL」から「100〜125mg/dL」に下げられた。耐糖能異常(IGT)の基準は「140mg〜199mg/dL」で変更なし。新しい基準に基づいてHHSが推計したところ、Pre-Diabetesの推計は改定前は約2,000万人程度だったのが2倍以上に増えた。

詳細は米国保健社会福祉省(HHS)のサイトへ(英文/ニュースリリース)

[ DM-NET ]

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲