インスリンポンプSAP・CGM情報ファイル

インスリンポンプSAP・CGM情報ファイル

シックデイ

  1. Q14. 風邪や腹痛などのときは、どのようにコントロールするとよいですか?

    A.

    普段より血糖測定をこまめに(4〜6時間毎)行うことが大切です。高血糖の場合は、ボーラスウィザード(残存インスリンで打ちすぎにならないので)に従って、こまめに補正するとよいと思います。次に、食事量が不安定になりますので、ボーラスを食後注入して、カーボカウントに従ったボーラスを入れます。

    また、250mg/dL以上の高血糖が続いた場合、注入セットトラブルがないようなら、ベーサルを120〜130%増量しなければいけないこともあります。

  2. Q15. 食事や運動をせず、一日寝込んでいる場合は、どう調節すればよいですか?

    A.

    Q14と同じ対応で大丈夫です。下痢や嘔吐が激しく長時間続く場合は、低血糖を起こすことがありますので、その場合はベーサルを一時基礎レートで50〜70%に減量します。

インスリンポンプ情報.jp
1型ライフ
糖尿病リソースガイド

取り扱い病院検索