ネットワークアンケート

医療スタッフのための『糖尿病情報 BOX&Net.』No.67 掲載

糖尿病患者さんの運動習慣

患者さんへのアンケート

医療スタッフに聞きました

 

運動指導の担い手は「看護師」「医師」が半数

貴院では、糖尿病患者さんへの運動の指導は、主に誰が行っていますか?

67dr_01.png

貴院での運動指導の実施頻度を教えてください。

67dr_02.png

合併症があったり、高齢で運動の難しい患者さんに、患者さんに合わせた指導ができていると思いますか?

67dr_03.png

患者さんの運動習慣の改善点は「そもそも運動していない」がトップ

患者さんの運動習慣について、改善すべき点でもっとも多いのはどれですか?

67dr_04.png

患者さんにおすすめの運動は「ウォーキング」がNO.1

患者さんにおすすめの運動はありますか?

67dr_05.png

「その他」のご意見:ラジオ体操、クライミング、強化チューブを使ったトレーニング、リングフィットなど

患者さんへの運動指導で工夫していることは?

・食後に動くように指導。受診時にいつも確認している
・椅子に座ったままでできる運動を指導
・軽い運動でもいいので、まずは運動習慣をつけてもらう
・歯磨きしながら、テレビみながらの「ながら運動」
・ウォーキングをする人は多いが、筋力トレーニングの実践が少ない
・テレビのCM時間にできる運動を指導
など
<調査概要>
実施時期:2020年 10月
調査方法:インターネット調査
対  象:「糖尿病ネットワーク」「糖尿病リソースガイド」メールマガジン会員
<回答者の属性>
医療スタッフ 129 名
職  種:医師 17名、看護師 56 名、管理栄養士 21名、栄養士 4 名、薬剤師 18名、 臨床検査技師 3名、理学療法士 7 名、保健師 4名、その他 2 名 ※重複あり
no67_01.jpg
このアンケートは、「糖尿病情報BOX&Net.No.67」に掲載されたものです。

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2021 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲