6. 血糖自己測定とは

2016年4月 改訂

こんな場合に有効です

 一言でいうと、血糖が不安定な人すべてに、血糖自己測定は有効です。とくに、外からのインスリン補給(インスリン療法)が必要な患者さんは、1型、2型かかわらず、欠かせません。
 経口薬療法の人、あるいは食事療法だけの人でも、治療効果が上がらない場合は、原因をさぐる有力な手段となります。また、さらに厳密なコントロールをめざす患者さんにも、血糖自己測定は、数々のメリットを与えてくれるでしょう。その意味では、すべての糖尿病の人にとって、有効な手段といえます。
 ただ、現在のところ、血糖自己測定が健康保険適用の対象になる方は、限られています(Q&A参照)。
血糖自己測定がとくに有効な場合
自己注射療法をしている人
 (1型糖尿病、2型糖尿病ともに)
妊娠時あるいは妊娠希望時
糖尿病以外の病気にかかった時(シックデイ)
ポンプ療法など、特殊なインスリン療法をしている場合
いつもと状態が違うと感じた時

血糖自己測定の実際

どう測るか (方法、ねらい、回数)

食事、運動、ストレスをマークせよ
  血糖測定のポイント

 血糖は、食事、運動、ストレスなどで、とくに大きく変動します。
 血糖測定を行う場合、ポイントがふたつあります。ひとつは、コントロールの状態をチェックするために、1日24時間の血糖の動きを知る必要があること。もうひとつは、血糖は、食事、運動、ストレスなどで大きく変動するため(右図)、とくにこれらの影響を中心にチェックすることです。こうした点から、食事を中心に測定ポイントを設定した基本パターン(下)もあります。
 しかし、患者さんが100人いれば100通りの治療法があり、それによって測定の方法も異なるため、必ずしも基本パターンにこだわらず、自分に合った方法を、主治医と相談してみつけだすことが大切です。
 処方のひとつとして、大体2〜4週間を単位として実施し、得られた結果を検討・修正していく方法が一般的です。また、コントロールが悪化した場合の緊急時の対応や、インスリン量や食事量などの調整は、おおよその許容範囲と具対策を、あらかじめ主治医と決めておきます。
 実際に、思わぬ低血糖やコントロールの悪化などが起きた場合は、必ずその原因を考え、その後のコントロールに生かす姿勢が大切です。こうした試行錯誤を2、3カ月も繰り返すうち、自分の血糖の傾向やコントロールの加減が、だんだんつかめてくるものです。

測定ポイントの基本パターン 
インスリン注射朝食昼食夕食就 寝
深夜早朝
1日1回  
1日2回
(2分割・混注)
1日3〜4回
(3〜4分割・混注)
必ず できたら 必要に応じて

どう生かすか (記録、フィードバック)

 血糖自己測定のデータはそのつど記録し、通院時に主治医と検討します。主治医は、そのデータと、通院時に測定した HbA1c検査(過去1〜2カ月の平均血糖値と相関する検査値)などの結果を、総合的に判断して今後の方針を決め、治療法の修正の指示や次の目標を設定したりします。

    あなたのコントロールをチェックしてみましょう
       コントロールの目安と評価

     コントロールの目標値は、患者さんひとりひとり違います。ここに示すのは一般的にみた目安です。これを努力目標としてがんばってみましょう。

    日本糖尿病学会「科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2013」より一部改編

    何で測るか (測定器の進歩と特徴)

     血糖自己測定が在宅で簡単にできる簡易測定器の、最近の進歩はめざましく、小型で軽量で、操作も簡便な、使いやすい機種がいろいろ出ています。種類を大別すると、次のふたつに分けられます。
     採取した血液のぶどう糖の量を、試験紙に付けたぶどう糖酸化酵素に反応させ、結果を電流で測るタイプ(電極法)と、試験紙の色の変化で測るタイプ(試験紙法)です。
     いずれのタイプも、採血量が少なくてすみ、測定時間が短い、血液の拭き取りが不要(あるいは簡単)、操作がワンタッチなど、使いやすさや測定精度を追及した、さまざまな特徴を備えています。
     こうした技術革新が、血糖自己測定を容易なものに変え、子供や高齢者でも容易に操作できるようになってきました。


    糖尿病3分間ラーニング 関連動画

    糖尿病3分間ラーニングは、糖尿病患者さんがマスターしておきたい糖尿病の知識を、テーマ別に約3分にまとめた新しいタイプの糖尿病学習用動画です。

更新情報配信中!