糖尿病Q&A1000

Q.959 飲み薬を服用していますが、「血糖値が気になる方」向けのお茶を飲んでも大丈夫ですか?(男性)

 「血糖値が気になる方へ」と販売されているのお茶や食品の多くは、難消化性デキストリンという食物繊維を含ませることなどによって、食べたものの消化吸収スピードを抑えて、血糖値を上がりにくくしています。これは糖尿病の経口薬の一つであるα-グルコシダーゼ阻害薬(グルコバイ、ベイスン、セイブルなど)と同じ作用です。もちろん薬よりもずっと効果は弱いので、α-グルコシダーゼ阻害薬服用時に現れことがある副作用(例えばおなかが張ったりおならが出るなど)は心配ないと思いますが、一応、利用する前に主治医に伝えてください。
 なお、α-グルコシダーゼ阻害薬が処方されている場合はその作用を強めることになります。このようなお茶や食品を利用している場合、低血糖になったときに砂糖ではなくブドウ糖が必要だということを、より強く意識しておく必要があると言えるでしょう。
2006年05月24日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2020 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

13 読者の質問コーナー [Q.956-1000]のQ&A

このページの
TOPへ ▲