糖尿病Q&A1000

Q.816 妊娠中のたばこの被害について教えてください。

 妊婦の喫煙(受動喫煙を含む)によって、胎児の発育が遅くなる、流産や心奇形の頻度が増えるといった関係が明らかになっています。たばこは妊娠中でなくてもからだに害を及ぼすのでよくありませんが、とくに妊娠中は、本人(母親)はもちろん周囲の人も「たばこは嗜好品で、個人の自由だから…」などといっていられません。
2006年05月18日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2022 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

10-1 糖尿病女性の妊娠・出産のQ&A

このページの
TOPへ ▲