糖尿病Q&A1000

Q.792 計画妊娠にあたって飲み薬をインスリンに切り換えるのは、やはり飲み薬は胎児への影響があるということでしょうか?

 薬物の胎児への影響というと多くの方がまず催奇形性のことを思い浮かべるのではないかと思います。しかし、糖尿病の治療に使われる薬は数多くあり、海外の調査では催奇形性の心配はないと発表されている薬もあって、必ずしも催奇形性が問題なのではありません。それよりも、薬の成分が胎盤を通って胎児に移行しやすいことや、妊娠中はインスリン抵抗性が強くなるなどの理由で、経口薬では厳格な血糖コントロールが難しいために、インスリンに切り換えたほうが妊娠中の管理に適しているからです。
2006年05月18日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2022 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

10-1 糖尿病女性の妊娠・出産のQ&A

このページの
TOPへ ▲