糖尿病Q&A1000

Q.551 ふだんインスリンは使っておらず、飲み薬でコントロールしています。シックデイには飲み薬の量を変更する必要もあるのでしょうか?

 飲み薬はインスリンのように直接的に血糖値を下げるのではなくて、膵臓や肝臓、腸、全身の筋肉などに働きかけて血糖値を下げます。ですから服用する量を変更して血糖値を狙った値にコントロールすることは難しく、とくにシックデイのような体調がおかしくなっているときは、薬の吸収・効果の現れ方も一定しにくいので、ますますそのようなことは困難になります。また、ふだんインスリン注射をしていない方は血糖自己測定を行っていない人が多いと思われますので、病状もあまり正確には把握できないことでしょう。
 そこで飲み薬の服用量は、食事の量を見ながら調節する方法がよくとられます。現在大きく分けて、スルホニル尿素 (SU) 薬、速効型インスリン分泌促進薬、α-グルコシダーゼ阻害薬、ビグアナイド (BG) 薬、インスリン抵抗性改善薬(チアゾリジン誘導体)という五つのタイプの経口血糖降下薬が用いられていますが、服用している薬によって対応が少し異なります。
 なお、病状によっては、一時的に飲み薬の服用を中止してインスリン療法に切り換えることもあります
2006年05月10日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2020 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

06 シックデイ対策を覚えておこう [Q.521-560]のQ&A

このページの
TOPへ ▲