糖尿病Q&A1000

Q.448 グルカゴン負荷試験とは、どんな検査ですか?

 グルカゴンは膵臓のα細胞から分泌されているホルモンで、肝臓のグリコーゲンを分解して血糖値を上昇させたり、インスリン分泌を刺激する作用をもってます。そのグルカゴンを注射して、その後の血糖値や血中インスリン濃度(またはC-ペプチド)から、膵臓のインスリン分泌能力を調べるのが、グルカゴン負荷試験です。Q.447で解説したグルコース糖負荷試験と似ていますが、グルカゴンは膵臓のβ細胞を直接刺激してインスリン分泌を促すので、インスリン分泌能力に的を絞って調べるときに適した検査です。
2006年04月28日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2021 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

04 検査に関するクエスチョン [Q.412-480]のQ&A

このページの
TOPへ ▲