糖尿病Q&A1000

Q.262 顕性腎症前期には、どのように治療するのですか?

 厳格な血糖コントロールを続けつつ、腎臓を守るための治療にも重点を置き始めます。血圧が高くなることが多いですが、減塩や薬物治療によって管理目標をめざし、しっかりコントロールしていきます。
 食事療法では腎臓への負担を考えて、タンパク質摂取量が1日に体重(標準体重)1kg あたり 0.8〜1.0g を超えないようにします。食品のタンパク質量を計算しながら食事療法を続けましょう。また、血圧が高くならないように塩分は7g程度にしましょう。
 激しい運動は腎臓の血流量を増やして負担をかけますから、控えてください。 
2006年04月25日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2021 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

03-2 腎症のQ&A

このページの
TOPへ ▲