DMオピニオン
facebook
メールマガジン
糖尿病3分間ラーニング
糖尿ブギウギ ―糖尿病と闘う男の漫画―
漫画・文/gonzui

File 16:成果

2013年12月

File 16:成果

定期健診に行ってきました。

「糖尿病」と宣告されて、はや1ヶ月となり、
これまでの生活改善の成果が出るわけです。
基本的に食事とウォーキングぐらいしかしてないのですが、
体重も順調に減少してきたし、何よりもこれまでより
格段に体調の良さを実感しております。

といいつつも、若干の不安を感じつつもいざ受検診へ。
まぁ、普通に問診と採血だけでしたが、
検査結果は、ヘモグロビンA1cが8.6から6.8へ減少!
看護婦さん(ちなみに、私は男女を総じて「看護師」と
くくって呼ぶことに抵抗があるので、あえて看護婦さんと
書かせてもらいます)からは「頑張ったね〜」と褒めてもらい、
医者からはちょっと下がり過ぎとのことで、
食生活を相当無理しているのでは?と心配されたほどでした。

自分としては、まぁ腹を空かせた生活をしているのは
間違いないのですが、フラフラになるほど制限を
しているわけではないですし、
かと言って猛烈な運動をしているわけでもありません。

あえて言うならば、奥さんちゃんが食事に気を使ってくれて
低カロリー料理を出してくれていることぐらいでしょうか。
誠に奥さんちゃんには感謝しきりです。

その他の肝臓や尿蛋白などの数値も軒並み良好になったようで、
生活改善の成果がしっかりと出たことで、意気揚々と
帰路についたのでした、、、、、

が、その浮かれ気分が災いしたのでしょうか、
ふと自動販売機でずっと我慢していた「缶コーヒー」を 買って飲んでしまいました、、、、

甘い!!、、、、、缶コーヒーも俺も、、、、

2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した
「NGSP値」で表わされるようになりました。過去の記事はこの変更に未対応の部分があります。

Copyright ©1996-2019 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲
このコーナーの
TOPへ ▶