DMオピニオン

糖尿ブギウギ -糖尿病と闘う男の漫画-
著/gonzui

2013年12月06日

File 13:THEうんこ

File 13:THEうんこ

糖尿病の治療を初めて、一番変化があったのは「うんこ」なんですね。

10年ほど前に、胆嚢を取る手術をしまして、それ以降は
ほとんど下痢続きの生活を送っていました。
まぁ、下痢をしているからと言って、お腹が痛くなるわけではないし
衰弱するわけでもなし、至って普通の生活が送れていたので
大して気にするわけでもなく、胆嚢がないからだろうと思っていました。
しかし、食生活を改善しまめに運動を取り入れてからというもの、
しっかりどっしりの「うんこ」がお目見えするようになり
便秘というものも経験することになりました。

これから書くことは私の個人的な感想で、全く医学的根拠もありませんし
あるいは完全に間違っていることかもしれませんので、
単なる与太話と思ってお読みくださいね。

胆石のため胆嚢切除手術後、下痢が続く生活の話を書きましたが、
自分の勝手な解釈では単に胆嚢がないせいで、
下痢体質になったのだろうと思ってました。
しかし、食事を見直すだけで下痢の改善がなされるということは
実は食べること自体に問題があったのではないかと、
考えるように至りました。

これまでの生活では、必要以上のカロリー摂取で食事を終える指針は
「満腹」という合図のみで、食えるならいくらでも食べていたのです。
そりゃ肥満にもなりますが、かと言って体重が際限なく増えるわけではなく、
私の場合ある重さに来ると頭打ちになります。
つまりそれ以上は増えないのです。

これってもしかして、体が栄養素を拒否しているのでは?
栄養の過剰摂取による拒否反応として、未消化のまま
排出されているのではないかと考えるに至ったのです。

栄養素の足りない生活は人間にとって危険なものであることは
まちがいありませんが、過剰摂取もまたしかりで、
未だ適応できていないのだと思っていました。
ですからブクブクに太れない私のような体質の場合、
強制的に「下痢」として排出されていたのではないかと、
誠に勝手に都合よく解釈していたのです。

しかし、これこそが糖尿病へのサインだったのではないかと
今にして思うのです。
そのサインを見過ごし、怠惰な食生活を続けてた末の結果が
「糖尿病」だと思います。

まぁ「うんこ」は健康のバロメーターって事でオッケー?

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲