国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

David Mbuguaさん

David Mbuguaさん
ケニアのDiabetes Kenya Lifeline(JAMBO!)より、国際糖尿病支援基金を通じて新たに支援する患者さんの写真とプロフィールが届きましたのでご紹介します。

支援する患者さん

  • 名前:デービッド ムブグア 君
  • 年齢:6歳(2012年7月現在)
  • 身長106.4?、体重16.2?
  • 2011年2月(5歳推定)に1型糖尿病と診断されました。

個人データ

  • 1日2回(Mixtardを朝食前5単位、夕食前3単位)インスリンを注射しています。
  • 2011年2月に昏睡状態となり、自宅近くのセント・マーチンズ病院に運ばれました。しかし、そこには糖尿病専門医がいないため、現在はケニアッタ・ナショナル・ホスピタル(KNH)へ通院しています。
  • 現在、母親が彼の血糖測定とインスリンを注射しています。
  • デービッド君はとても元気です。病院で診療を待っている間もじっとしていることができず、他の子供たちと院内を駆け回っています。

就学状況

  • 2013年に小学校へ入学します。
  • 今まで糖尿病のことでイジメに遭ったことはありません。

家族状況
母親と15歳と8歳の姉、10歳の兄の5人家族です。
デービッド君が糖尿病と診断された時、父親が彼の治療費を負担に感じ、家族を捨てて家を出てしまいました。そのため、母親が野菜の販売で一家の生計を立てています。
母親の平均月収は5,000円です。

その他

  • ナイロビ郊外のルエイに住んでいます。
  • 毎月の家賃負担は約1,500円です。
  • KNHへは2ヵ月に1度バスで通院し、片道100円かかります。(ケニア人の平均的な日当は100円〜200円です。)
  • 日常の食生活は、ウガリ(トウモロコシの粉を茹でてお餅のようにしたもの)やギセリ(トウモロコシとマメを煮込んだもの)、ご飯、キャベツと玉ねぎを炒めたものを食べています。

デービッド君の母親からのメッセージ
デービッドの父親が家を出て以来、息子の糖尿病や私たちの生活のことを考えると、とても心配でストレスを感じていました。今回、スポンサーの方に経済的な支援をしていただけることで、ホッとしています。デービットのスポンサーになっていただいたことを感謝しています。

写真を一緒に送らせていただきます。

(左)じっとしているのが大変なくらい、とても元気なデービッド君
(右)デービッド君とお母さん

よろしくお願いします。
Diabetes Kenya Lifeline(JAMBO!)


Name:David Mbuguai

Personal Data

  • Age:6years old(2012.7)
  • Height:106.4cm weight:16.2kg
  • He takes insulin 2times daily Before breakfast 5units , before supper 3units. Both are mixtard.
  • He has been diagnosed T1 diabetes February 2011.
  • He was in coma because of ketoasidosis and was taken to St.Martins Hospital. Now he goes to KNH because there are no pediatricians who are familiar with diabetes and his blood sugar level was not good.
  • Now he has his mother take insulin shot and measure blood sugar twice a day.
  • Davis is doing well. He is so fine that he is missing somewhere to play with other kids at the waiting room at the hospital while I am interviewed with his mother.

Educational Details

  • He goes to nursery.
  • He will go to primary school this coming new year.
  • He has never been bullied because of his diabetes.

Family Details

  • His mother is a vegetable seller.
  • He has two elder sisters 15 and 8 respectively and one elder brother 10.
  • His mother’s monthly income is 5000Ksh averagely.
  • When he was diagnosed as type1 diabetes his father abandoned his family, because he felt really heavy burden to pay his diabetes care cost.

AOB

  • They have to pay house expense 1500Ksh monthly.
  • They live in Ruay in Kangudo, suburban area of Nairobi.
  • They come to hospital by matatu and transportation cost is 100ksh one way.
  • They eat ugali,githeli, beans ,rice and cabbage with onion.

Message from him
I have been very stressful whenever I have thought of his diabetes and our lives since his father abandoned us.
However, I feel relieved to be supported financially. Thank you for your kindness.

Here is her photograph.

Regards,
Diabetes Kenya Lifeline(JAMBO!)

2012年07月
国際糖尿病支援基金
  • これまでに寄せられた寄付金
    1,567万2,980円 
  • これまでに実行した支援金
    1,512万665円 

(2020年01月現在)

国際糖尿病支援基金とは
国際糖尿病支援基金の活動
English
最近の情報

国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病