糖尿病患者さんと医療スタッフのための情報サイト
糖尿病ネットワーク
国際糖尿病支援基金トップページへメールマガジン無料登録
国際糖尿病支援基金が支援する糖尿病患者さん
Anil Chavan
Aparna Pal
Bhumi Ekant kamble
Golti Lohi
Hunkar Kamone
Ishika Wanjari
Milan Pidurkar
Pooja Prakash Tarachand
Sandeep Shende
Vaibhav Patil

Pooja Prakash Tarachandさん
いただいたご支援を、毎日のインスリン注射と血糖測定、診療、交通費などに大切に役立てています。

親愛なる吉開亮介 様

インドのナグプールから、熱い感謝の気持ちをお伝えします! あなたとご家族に幸運を。1型糖尿病のPooja Tarachchandさんをご支援いただき、ありがとうございます。

いただいたご支援を、毎日のインスリン注射と血糖測定、診療、交通費などに大切に役立てています。

右は3月に撮ったPoojaさんの写真です。

Poojaさんは1日3回のインスリン注射を始めてから、元気になりました。体重は25kgに増え、身長は127cmに伸びました。

彼女は学校では8年生で、いま学年末試験に備えて勉強しています。英語と数学の成績があまり良くないので、これらを特に勉強しなければなりません。
2007.04

Ishika Wanjariちゃん
1日4回のインスリン注射で良くなりました。写真には後にお母さんとIshikaちゃんが写っています。
親愛なる眩厖柑 様

冬でも暑いインドのナグプールから感謝を申し上げます。あなたとあなたのご家族に良いことがありますように。

Ishika Wanjariさんをご支援いただき、ありがとうございます。ご支援のおかげで、1型糖尿病のIshika Wanjariさんを治療を続けることができます。ご支援を、規則的な血糖測定とインスリン注射、クリニックまでの運賃、ヘルスケアに役立てています。

Ishikaちゃんは元気になりました。お母さんが1日4回のインスリン注射をしてあげています。3月現在、身長は72cmに、体重は10kgになりました。

写真は私たちのクリニックで撮ったものです、中央前にIshikaちゃんのお姉さんが、後にお母さんとIshikaちゃんが写っています。
2007.04

Hunkar Kamoneちゃん
Hunkarちゃんは1型糖尿病の2歳の男の子です。毎日お母さんが3回のインスリン注射をしています。
親愛なる三浦雅子様

インドのナグプールから、熱い感謝の気持ちとをお伝えします。あなたとご家族の幸運をお祈りします。

Hunkar Kamoneさんをご支援いただき御礼申し上げます。Hunkarちゃんは1型糖尿病の男の子です。

ご支援を継続いただくことで、Hunkarちゃんはインスリン注射、血糖測定、クリニックへの通院と療養を続けることができます。

療養を続けHunkarちゃんは元気になりました。毎日お母さんが3回のインスリン注射をしています。今年の3月にはかったところ、体重は13kgに、身長は82cmになりました。

私たちのクリニックで
2007.04

Bhumi Ekant Kambleさん
Bhumiさんは1日に3回のインスリン注射を行い、血糖コントロールをしています。「将来は医師になりたい」と口にするようになりました。
南 昌江 先生

インドのナグプールより熱い感謝の思いを込めてご挨拶申し上げます! あなたとご家族の健康をお祈りしております。

Bhumi Kamble(1型糖尿病)をご支援いただき、ありがとうございます。Bhumiさんは元気です。いただいたご支援を血糖測定、インスリン注射、ヘルスケア、診療所までの運賃に利用しています。

Bhumiさんはインスリンを1日に3回注射しています。朝早く学校に行き、午前7時30分に1回目のインスリン注射を行います。彼女は食事についてのコンプライアンスは良好ではありません。数カ月前までは血糖値が高かったのですが、いまは反省をして注意深くなっています。

彼女の体重は25kgで、身長は135cmです。

Bhumiさんは今月、4年生の試験を受けます。彼女は将来は医師になりたいと言うようになりました。
2007.03

Anil Chavanさん
温かいご支援によって、規則的な血糖測定と、インスリン注射を続けられ、私たちのクリニックに通院することができます。
親愛なる中島加誉子 様

インドのナグプールからの熱き思いを込めて御礼を申し上げます。
あなたとご家族の幸福を心からお祈りします。

Anil Chavan(1型糖尿病)さんをご支援いただき、感謝いたします。
あなたの温かいご支援によって、Anilさんは規則的な血糖測定と、インスリン注射を続けられ、私たちのクリニックに通院することができます。

Anilさんは、1日2回のインスリン注射を続け、元気にやっています。
2月には、体重が38kg、身長が149cmになりました。
彼は10年生で勉強しており、もうすぐ学年試験があります。
彼は、前の学年試験で60点をとりました。

2007.03


Aparnaさん(右側)
左側は妹さん
Aparna Palさん
1日3回のインスリン注射を行うようになって、元気になりました。からだが成長しており、3月現在で体重27kg、身長は1m32cmになりました。
親愛なる下島 晃 様

インドのナグプールから、あなたとあなたのご家族へ、感謝の熱い気持ちをこめて!

Aparna Palさんをご支援いただき、ありがとうございます。

ありがたいご支援のおかげで、Aparnaさんは血糖測定とインスリン注射を続けることができます。クリニックへの交通費にも利用しています。


お母さんといっしょに
Aparnaさんは、1日3回のインスリン注射を行うようになって、元気になりました。からだが成長しており、3月現在で体重27kg、身長は1m32cmになりました。

学校では5年生で、今月は進級試験があります。彼女は昨年の試験で86点をとりました。

彼女は最近、姉妹とお母さんといっしょに、私たちのクリニックにやってきました。上の写真はそのとき撮ったものです。


2007.03

Golti Lohiさん
毎日2回のインスリン注射を始めてから、からだの状態が良くなりました。


Golti Lohiさんとお母さん
親愛なる加藤 孝 様

インドのナグプールから、
あなたとあなたのご家族へ、
熱い気持ちをこめて

Golti Lohiさんをご支援いただき、感謝申し上げます。
ご支援いただくことで、Goltiさんは血糖測定とインスリン注射を続けることができます。
ご支援を彼女が診療所に通うための交通費、ヘルスケアにも役立てています。

毎日2回のインスリン注射を始めてから、からだの状態が良くなりました。
昨年8月に発作を起こし、入院しなければなりませんでした。検査を行った結果、寄生虫による疾患だと分かりました。彼女はいまは良くなりました。

彼女は実家で、家の床を掃除したり、洗濯、料理をして、お母さんを助けています。
2007.03

Milan Pidurkarさん
Milanさんはご支援により1日に3回のインスリン注射を行うことができるようになり、からだの状態が良くなりました。2006年2月に体重が28kgだったのが、12月には33kgに増えました。
親愛なる日比 総様

インドのナグプールから熱い思いをこめて、
あなたとあなたのご家族に幸運を!

Milan Pidurkarさんをご支援いただき、感謝申し上げます。あなたのありがたいご支援により、彼は規則的な血糖測定とインスリン注射による治療を続けることができます。ご支援は、ヘルスケアと、診療所までの運賃にも利用しています。

1型糖尿病のMilanさんにとって、あなたのご支援は大きな助けとなります。

1日に3回のインスリン注射を行うようになり、Milanさんは良くなりました。からだも成長してきて、2006年2月に体重が28kgだったのが、12月には33kgに増えました。身長も137cmから142cmまで伸びました。

彼は4年生で勉強しており、今月、進級試験を受けます。学年試験では76点をとりました。

2007.03

Sandeep Shendeさん
1日2回のインスリン注射で元気になりました。1型糖尿病であるSandeepさんにとっては、大変にありがたいご支援です。
親愛なる岡崎紀子 様

インドのナグプールから熱い気持ちをこめて、
あなたとあなたのご家族に幸運を!

Sandeep Shendeさんをご支援いただき、感謝申し上げます。

ご支援いただくことで、彼は毎日の血糖測定とインスリン注射を続けることができます。ご支援を診療所への通院費用にも利用させていただいています。

1日2回のインスリン注射により、Sandeepさんは元気になりました。
1型糖尿病であるSandeepさんにとっては、大変にありがたい助けとなります。

彼は学校で技術コースをとっています。今年8月に学年試験が控えています。
試験を終えた後は、彼は実務をおぼえるために見習いとして働くことを希望しています。

2007.03

Vaibhav Patilさん
ご支援いただいたおかげで、血糖自己測定ができるようになりました。血糖測定と1日5回のインスリン注射を毎日続けています。
親愛なる三角政子 様
熱い感謝の気持ちを込めて!

Vaibhav Patilさんは元気です。ご支援いただき、診療所に通い規則的な血糖測定、インスリン注射、ヘルスケアを続けることができるようになりました。

Vaibhavさんは毎日、インスリンアナログ製剤を1日5回注射しています。血糖自己測定器を受け取り、自宅で血糖値をはかることができるようになりました。得られた血糖値をもとに、インスリンの投与量を自分で調整しています。

彼は体重が49kg、身長が170cmになりました。

彼は落第して10年生をもう一度やり直しています。彼は、将来自分のやりたいことをできるようになるため、専門コースを希望していましたが、試験で必要な点数をとることができなかったからです。

体育や課外授業では、とうぶんのあいだ後の席に座ることになります。


2007.03


Hunkarちゃん(右)
■ 2007年2月
Hunkar Kamoneちゃん
国際糖尿病支援基金が支援しているインドのドリームトラスト(Dream Trust)会長のシャラッド・ペンデセイ先生より新たに支援する患者さんの写真とプロフィールが送付されましたのでご紹介します。
親愛なる三浦雅子 様

ドリームトラストに寄付をいただきありがとうございます。

ご支援いただく子供(1型糖尿病患者)の詳しい情報をお知らせします。今後の彼の成長もご連絡します。

スポンサー:三浦雅子

支援する患者さん
名前:Hunkar Kamone 男の子
生年月日:2005年2月21日
糖尿病発症:2006年11月
身長:82cm  体重:13kg
住所:Nagpur

Hunkarちゃんの家は3人家族です。お父さんは工場で働いていて、お母さんは主婦です。一家の収入はおおよそ45米ドル(約5千円)です。

彼は2006年11月に私たちのクリニックに連れてこられ、20日後に1型糖尿病と診断されました。1日3回のインスリン注射という治療法に切り替えてからは、治療はうまくいっています。

どうぞこれからも彼のご支援をお願いいたします。
2007.02

■ 2006年12月
Ishika Wanjariちゃん
 国際糖尿病支援基金が支援しているインドのドリームトラスト(Dream Trust)会長のシャラッド・ペンデセイ先生より新たに支援する患者さんの写真とプロフィールが送付されましたのでご紹介します。
親愛なる眩厖柑厖

 メリークリスマス。そしてハッピーニューイヤー。
 ドリームトラストに寄付をいただきありがとうございます。
 ご支援いただく子供(1型糖尿病患者)の詳しい情報をお知らせします。今後の彼女の成長もご連絡します。


Ishika Wanjariさん
私たちのクリニックで、お母さんといっしょに。
Ishikaさんは1歳3カ月の赤さんなので、
毎食後にお母さんが注射をしています。

彼女の家で 私たちが最近訪れて撮影しました

私たちのクリニックで
スポンサー:眩厖柑

支援する患者さん
名前:Ishika Wanjari 女の子
生年月日:2005年9月23日
糖尿病発症:2006年8月 1型糖尿病
身長:76cm  体重:10kg
住所:Nagpur

 Ishikaさんの家は6人家族で、ご両親、kindergartenで学校に通っているお姉さん、お祖母さん、叔父さんがいます。
 お父さんは売店を経営しています。お母さんは主婦です。
 一家の収入はおおよそ90米ドル(1万440円)です。

 Ishikaさんはいつもにっこりと笑っている、やさしい子です。
 彼女は2006年8月に、発熱とケトアシドーシスを起こし、1型糖尿病と診断されました。9月に私たちのクリニックを訪れ、1日4回のインスリン注射という治療法に切り替えました。彼女は頑張っています。

 どうぞこれからも彼女のご支援をお願いいたします。
2006.12

■ 2006年11月
Anil Chavanさん

2006年8月頃
国際糖尿病支援基金が支援しているインドのドリームトラスト(Dream Trust)会長のシャラッド・ペンデセイ先生より新たに支援する患者さんの写真とプロフィールが送付されましたのでご紹介します。
親愛なる中島加誉子 様

ドリームトラストに寄付をいただきありがとうございます。
ご支援いただく子供(1型糖尿病患者)の詳しい情報をお知らせします。今後の彼の成長もご連絡します。

スポンサー:中島加誉子
支援する患者さん
  名前:Anil Chavan 男の子
  生年月日:1991年11月9日
  糖尿病発症:2004 1型糖尿病
  身長:150cm  体重:37kg
  住所:Bhiwapur, Amravati

Anil君の家族はご両親、お兄さん(19歳で美術学校で勉強しています)、お姉さん(結婚していまは一緒に暮らしていません)です。両親はともに労働者で、一家の月収は50米ドル(約5,850円)です。

Anil君は学校に通っていて、10年生になりました。学年試験での67点をとりました。

2004年に1型糖尿病と診断されました。現在は1日に2度、インスリンを注射しています。しかし、私たちは1日3回注射に変えた方が良いと考えています。

メリー・クリスマス! それから良いお年を。
2006.11

■ 2006年8月
Milan Pidurkarさん
国際糖尿病支援基金が支援しているインドのドリームトラスト(Dream Trust)会長のシャラッド・ペンデセイ先生より新たに支援する患者さんの写真とプロフィールが送付されましたのでご紹介します。
親愛なる日比 総 様

寄付をいただきありがとうございます。ご支援いただく子供(1型糖尿病患者)の詳しい情報をお知らせします。今後の彼の成長もご連絡します。
スポンサー:日比 総
支援する患者さん
  名前:Milan Pidurkar
  生年月日:1997年9月29日(2006年8月現在 8歳)
  糖尿病発症:2005年6月 1型糖尿病
  身長:139cm  体重:31kg
  住所:Yavatmal
Milan君はご両親、祖母、1歳下の1年生の妹(6歳)といっしょに暮らしています。

お父さんの職業は事務員で、お母さんは主婦です。一家の月収は100米ドル(約1万1,600円)で、お父さんの収入に頼っています。

Milan君は4年生です。2005年6月に1型糖尿病と診断され、いまは1日3回のインスリン注射で治療をしています。彼はとても頑張っています。
2006.08

■ 2006年7月
Pooja Prakash Tarachandさん
国際糖尿病支援基金が支援しているインドのドリームトラスト(Dream Trust)会長のシャラッド・ペンデセイ先生より新たに支援する患者さんの写真とプロフィールが送付されましたのでご紹介します。
親愛なる吉開亮介 様

寄付をいただきありがとうございます。ご支援いただく子供(1型糖尿病患者)の詳しい情報をお知らせします。今後の彼女の成長もご連絡します。
スポンサー:吉開亮介
支援する患者さん
  名前:Pooja Prakash Tarachand
  生年月日:1993年9月19日(2006年7月現在 12歳)
  糖尿病発症:2002年3月 1型
  身長:127cm  体重:26kg
  住所:Yavatmal
Poojaさんは7人家族の下から3番目の子です。1年年上のお姉さん(18歳)と、2人の兄弟(16歳と10歳)は学校に通っています。

お父さんはレンガ工場で働く労働者で、お母さんは主婦です。一家の月収は50米ドル(約5,500円)で、大黒柱のお父さんの収入に頼っています。

Poojaさんは学校では8年生です。年間試験で78点をとった頭の良い子です。1999年12月に1型糖尿病と診断されました。

2006年5月に私たちの診療所で診察を受けたときは、インスリンを1日2回注射していましたが、血糖値が400mg/dLもありました。インスリン注射を3回に変えてからは、彼女はよく頑張っています。
2006.07

Aparna Palさん
 Dream Trust(インド)の理事長Sharad Pendsey先生より、国際糖尿病支援基金を通じて新たに支援するAparna Palさん(1型糖尿病)の写真とプロフィールが送付されました。
親愛なる下島 晃 様

ご支援をいただくAparna Palさんについての詳しい情報と写真をお届けします。今後の経過についても引き続けてご連絡いたします。よろしくご支援をお願い致します。

スポンサー:下島 晃
支援する患者さん
  名前:Aparna Palさん
  ナグプール(インド)在住
  生年月日:1996年8月11日(2005年現在8歳)
  発症時期:2004年12月 1型糖尿病
  身長:124cm 体重:23kg

ご両親と1つ年下の妹の四人家族です。妹さんはKindergartenで勉強しています。お父さんは鉄道員、お母さんは家政婦をしています。お父さんが一家の担い手で、一家の月収は約120ドル(1万2600円:1ドル=105円)です。

Aparnaさんは今年の6月に4年生に進級します。昨年の12月に1型糖尿病と診断され、今年の1月に私たちの診療所を訪れ、インスリン混合製剤を1日に2回注射する治療をはじめました。1日3回打ちに変えてから、血糖コントロールは改善しています。
Dream Trust理事長 Dr.Sharad Pendsey

2005.05

Bhumi Ekant Kambleさん
インドのDream Trust理事長のSharad Pendsey先生より、国際糖尿病支援基金を通じてご支援しているBhumi Ekant Kambleさん(1型糖尿病)の近況を知らせる手紙が送られてきました。



南 昌江 先生

インドのナグプールより熱い気持ちを込めてご挨拶申し上げます! 貴女とご家族の健康をお祈りしております。

Bhumiさんは7歳になり、1日3回のインスリン注射を続けながら、元気に暮らしています。

Bhumi Kamble(1型糖尿病)をご支援いただき、ありがとうございます。変わらぬご支援がBhumiにとって大きな助けになります。ご支援いただいているおかげで、血糖測定やインスリン注射、診療、通院のための旅行を続けていくことができます。

Dream Trustの支援を受けるようになってから、Bhumiは目覚ましく成長しました。体重は2年前には13kgだったが今年の11月には20kgに増え、身長は107cmから125cmに伸びました。学校では2年生になりました。内気だったのが、このごろは私たちに話しかけるようになりました。

最近の写真と、Bhumiがあなたのために描いた絵を送ります。
ありがとうございます。
2004.12

Vaibhav Patilさん
インドのDream Trust理事長のSharad Pendsey先生よりお礼の手紙と、支援しているVaibhav Patilさんの近況報告と写真が送付されましたのでご紹介します。

上の写真ではお母さんといっしょに写っています。
親愛なる三角政子 様

インドのナグプールから熱い思いを込めてお礼の手紙を送信します。

Vaibhav Patil君(1型糖尿病)のスポンサーになっていただき、ありがとうございます。ご支援を続けていただくことが、Vaibhav君を大いに助けます。

彼は毎日2回のインスリン治療を行い、血糖測定や治療を続けた結果、体重は28kg(2001年)から39kg(2004年11月)に増え、身長は135cmから154cmに伸びました。

学校では8年生になり、スケートが上手で同学年のチャンピオンになりました。インドで人気のあるクリッケットも大好きです。

引き続き変わらぬご支援をお願いします。ご家族のご健勝をお祈りしております。
2004.11

Golti Lohiさん
国際糖尿病支援基金を通じてご支援いただいているGolti Lohiさん(1型糖尿病)の近況を伝える手紙が送られてきました。 生年:1991年
発症年:1993年
住所:Paradshinga, Dist. Chhindwara
身長:137cm(12歳当時)
体重:34kg
スポンサー 加藤 孝

親愛なる加藤 孝 様

スポンサーとなりご支援いただいているGolti Lohiちゃんは元気です。送付いただいたプレゼントをとても気に入ったようです。

Goltiちゃんは、2003年8月にわたしたちの病院に通院するようになってから、体重が2kg増えました。インスリンを1日2回、計38単位を注射しています。

ドリームトラストを通して糖尿病の子どもをご支援いただき、とても感謝しております。これからもよろしくお願い申しあげます。
2004.10

■ 2003年11月
Sandeep Shendeさん
Sandeep Shendeさんは1997年に1型糖尿病を発症しました。 年齢:22歳
住所:Manegaon, Dist. Bhadara
身長:159cm
体重:49kg
発症年:1997年
スポンサー:岡崎 紀子

彼の父親と母親は農場で働く労働者で、賃金はおよそ1日1ドル(約108円/1ドル=108円)です。家族は既婚の姉が1人、兄が1人います。

Sandeep さんは美術学校に合格し第1学年に進級しましたが、その後退学しなければなりませんでした。
2003.11

■ 2003年9月
Golti Lohiさん
 Golti Lohiさんは1993年に1型糖尿病を発症しました。 年齢:12歳
住所:Paradshinga, Dist. Chhindwara
身長:137cm
体重:32kg
スポンサー:加藤 孝

Goltiさんは5人家族の長女で、弟が2人、妹が1人います。彼女のお父さんは労働者でしたが、2001年6月に亡くなりました。母親は日給で働いていて、収入は1日50セント(約55円/1ドル=110円)です。

彼女は第6学年で学校に通うことができなくなりました。さらに2001年から2002年に肺結核になり、十分な治療を受けた結果、いまは完全に回復しています。まだ彼女は思春期になっていません。

Goltiさんは、1日に2回インスリン注射をして、ときどき血糖測定をします。ドリームトラストでは、Goltiさんと母親が3カ月ごとに、ナグプールから約180km離れた田舎からインスリンを受取りに訪れるための旅行費用も負担しています。
2003.09

■ 2003年8月
Vaibhav Patilさん
インドのDream Trust理事長のSharad Pendsey先生よりお礼の手紙と、支援しているVaibhav Patilさん(1型糖尿病)の最近の写真と近況報告が送付されましたのでご紹介します。

Vaibhav Patilさんは小学校の6年生になりました。 親愛なる三角政子 様

からだが大きくなり、体重37kg、身長148cmになりました。驚いてしまうほどの成長ぶりです。身体的・代謝的な問題はみられません。

いただいたお手紙の「Vaibhavさんは私たちの6人目の家族です」という一文を読んで、とても嬉しく思いました。ほんとうに感動しました。

ご支援いただき重ねて感謝申し上げます。ドリームトラストはこれからも頑張って活動していきます。ご支援をお願いします。
2003.08

Vaibhav Patilさん
Vaibhav Patilさんは4人兄弟の末っ子で、3人の姉がいます。
生年月日:1992年8月10日(2002年現在10歳)
糖尿病発症:2001年6月 1型
身長:139cm
体重:32kg スポンサー:三角政子

お父さんの職業はテレホンオペレーターで、家族の中の唯一の働き手です。収入は月収約120ドル(14,400円)です。
2002.07

Bhumi Ekant kambleさん
Bhumi Ekant kambleさんには1歳の兄弟がおり、お父さんも1型糖尿病患者です。 支援する患者さん
名前:Bhumi Ekant kamble
生年月日:1997年8月1日(2002年現在5歳)
糖尿病発症:2002年3月 1型
身長:108cm
体重:17kg
スポンサー:南 昌江

お父さんは、コンピューターのオペレーターをしており、月収は約50ドル(6,000円:1ドル=120円)です。
2002.07


 

国際糖尿病支援基金
わが友、糖尿病
途上国の糖尿病状況

森田会長からのメッセージ
Ron Raabさんからのメッセージ
概要・運営委員
活動報告
現状・収支報告
支援者名
寄付金・募金のお願い
事務局(お問合せ先)
ENGLISH

すべてを表示
Anil Chavan
Aparna Pal
Bhumi Ekant kamble
Golti Lohi
Hunkar Kamone
Ishika Wanjari
Milan Pidurkar
Pooja Prakash Tarachand
Sandeep Shende
Vaibhav Patil

Insulin For Life (IFL)の紹介
チャレンジ
IFLとその目的
運営委員
活動内容
IFLの活動に対する反響
2005年 年次報告
2004年 年次報告
2003年 年次報告
ENGLISH

Dream Trustの紹介
発足の経緯
活動の狙いと目的
実績
支援者
組織の概要
ENGLISH

寄付金・募金のお願い