国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

糖尿病ネットワーク »  国際糖尿病支援基金 »  国際糖尿病支援基金 »  森田会長からのメッセージ

森田会長からのメッセージ
国際糖尿病支援基金 会長 森田繰織
1 型糖尿病患者(15歳発症)

 私は15歳の時に糖尿病を発症し、現在まで、糖尿病とともに生きることによる悩みや苦しみ、また理不尽さを経験してまいりました。多かれ少なかれ誰もが似たような経験をするとことと思いますが、私の救いは旅行が好きなことでした。

 インスリンを打ちながらこれまで多くの国々を旅し、さまざまな国の糖尿病患者と接するうちに、世の中には同じ糖尿病患者でありながら、病気に対する知識も無く、治療を受けることも出来ず、悲惨な人生をおくる人がいかに多くいることかと、驚きとともに悲しい気持ちにさせられました。それにひきかえ、日本に生まれた自分自身がいかに恵まれた医療を受けていることかと、今までの悩みも贅沢な物のように思えてきました。

 その後、このような同じ糖尿病に苦しむ人たちに対し何か出来ることはないだろうか考えていたところ、オーストラリアのRon Raabさんが、開発途上国の恵まれない糖尿病患者にインスリンや血糖測定機などを送る支援活動(INSULIN FOR LIFE)を行っていることを知りました。また、その縁で、インドで1型糖尿病の子供たちをサポートしているDream Trustの活動も知りました。早速連絡をとり、私なりの協力を続けてまいりましたが、仕事を続けながら個人で出来ることには限界があります。

 そこで、途上国の糖尿病事情を紹介することにより、一人でも多くの糖尿病患者が同じ病気の友として、助け合う仕組みを作れないかと考え、この基金を設立することにしました。

 この基金のことを知った人が一人でも私と同じような気持になり、行動する仲間になってくれることを祈っています。

 私たちの小さな一歩が、世界のどこかで糖尿病の患者さんの命を助け、人生を豊かにすることに役立ちます。是非一緒にこの基金の活動に参加して頂けるようお願いいたします。

国際糖尿病支援基金
国際糖尿病支援基金とは
English
最近の情報
国際糖尿病支援基金の活動
国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病