国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

Bhumi Ekant Kambleさん

■ 2004年12月
Bhumi Ekant Kambleさん
インドのDream Trust理事長のSharad Pendsey先生より、国際糖尿病支援基金を通じてご支援しているBhumi Ekant Kambleさん(1型糖尿病)の近況を知らせる手紙が送られてきました。




南 昌江 先生

インドのナグプールより熱い気持ちを込めてご挨拶申し上げます! 貴女とご家族の健康をお祈りしております。

Bhumiさんは7歳になり、1日3回のインスリン注射を続けながら、元気に暮らしています。

Bhumi Kamble(1型糖尿病)をご支援いただき、ありがとうございます。変わらぬご支援がBhumiにとって大きな助けになります。ご支援いただいているおかげで、血糖測定やインスリン注射、診療、通院のための旅行を続けていくことができます。

Dream Trustの支援を受けるようになってから、Bhumiは目覚ましく成長しました。体重は2年前には13kgだったが今年の11月には20kgに増え、身長は107cmから125cmに伸びました。学校では2年生になりました。内気だったのが、このごろは私たちに話しかけるようになりました。

最近の写真と、Bhumiがあなたのために描いた絵を送ります。
ありがとうございます。
2004年12月
国際糖尿病支援基金
  • これまでに寄せられた寄付金
    1,685万5,580円 
  • これまでに実行した支援金
    1,609万173円 

(2021年05月現在)

国際糖尿病支援基金とは
国際糖尿病支援基金の活動
English
最近の情報

国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病