国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

Ishika Wanjariさん

Ishika Wanjari さん
 インドのDream Trust理事長のSharad Pendsey先生より、国際糖尿病支援基金を通じてご支援しているIshika Wanjari さん(1型糖尿病)の近況を知らせる手紙が送られてきました。



倉 祐子 様

インドのナグプールより心を込めてご挨拶申し上げます。
ドリームトラストの掲げる理念と目的に共感していただき、多大なるご支援を賜り感謝申し上げます。

 イシカは元気に過ごしております。1日3回インスリン注射を打っています。身長は140cm、体重は37kgです。

 彼女は現在5年生で、9時から3時まで学校へ通っています。
彼女の父親は、金物屋を営んでおり、日銭で150ルピーから200ルピー(225円〜300円)の収入を得ています。母親は、専業主婦でイシカの勉強も見ています。祖母も子供たちの面倒を見ています。

 彼女は、インスリンと注射器を受け取るため、定期的に当クリニックに通院しており、ドリームトラストでは、毎回の通院費用を支給しています。

 彼女の写真を送ります。

よろしくお願いします。

シャラッド・ペンデセイ


Dear Ms Yuko Takakura,

Greetings from Nagpur, India!
I am grateful for your fine and comprehensive support to Dream Trust in realizing its goal, aims and objectives.

Ishika is doing well.
She takes insulin 3 times daily.Her weight is 37kgs. Her height is 140cms.

She is in 5th standard. Her school timings are from 9 a.m.- 3 p.m.
Her father has Panshop, He earns Rs.150-200 per day. Her mother is housewife and look after Ishika’s studies. grandmother looks after children.
Here is her photograph

She visits clinic periodically for the collection of Insulin and syringes.
Dream Trust has provided her travel grant every time to enable her to collect insulin from Dream trust.

Regards,
Sharad Pendsey

2016年05月
国際糖尿病支援基金
  • これまでに寄せられた寄付金
    1,508万9,280円 
  • これまでに実行した支援金
    1,484万475円 

(2019年06月現在)

国際糖尿病支援基金とは
国際糖尿病支援基金の活動
English
最近の情報

国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病