国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

ドリームトラスト(インド)の2013年世界糖尿病デーイベントについて

 インドで糖尿病患者さんを支援するドリームトラストでは、2013年12月21日に世界糖尿病デーのイベントを開催しました。

 ドリームトラスト代表のシャラッド・ペンデセイ医師より、イベントに関するレポートが届きましたので、ご紹介いたします。

 国際糖尿病支援基金はこの活動に賛同し、ドリームトラストを支援しています。



〜ドリームトラストからのレポート〜

 2013年12月21日にインド・ナグプールにあるトゥーリ・インペリアル・ホテルにおいて、ドリームトラストが主催する「世界糖尿病デー」のイベントを開催しました。

  このイベントには約300名が参加し、代表のシャラッド・ペンデセイ医師の挨拶の後、ペンデセイ代表の息子であるサンケット・ペンデセイ氏が、今年一年のドリームトラストの活動について報告を行いました。

 イベントではいくつかの講演が行われ、児童心理学者のアヌパマ・ガドカリ女史は、1型糖尿病の患者さんが糖尿病と上手に付き合っていくコツを話してくださいました。
また、オーストリアから参加したマルチナ医師や、サンケット氏が4年前にケララ州で過ごした頃の恩師である内分泌医のウニ・クリシャナン医師、約8年間ドリームトラストへ支援してくださっているスポンサーの方など、参加した子供たちへ大切なメッセージを残してくださいました。





【English】

We celebrated World Diabetes day on 21st December at Hotel Tuli Imperial, Nagpur.
I gave the welcome speech followed by Sanket Pendsey ( my son) who reviewed the activities of Dream Trust for the last 1 year.
Mrs. Anupama Gadkari, Child Psychologist spoke very well and gave some important tips to all our children regarding coping with type 1 diabetes.
Dr. Martina from Vienna Austria and a Friend of Dream Trust for the past 8 years spoke about her impressions of Dream Trust.
Dr. Unni Krishnan, Endocrinologist from Pune (he was earlier teacher of Sanket (my son) 4 years back at Kochi, Kerala) addressed and gave important messages.
The function was attended by over 300 people.

 ドリームトラストの活動にご賛同いただき、御参加いただける方は、下記口座(郵便局)までお振込み頂きますようお願い申し上げます。

 御協力頂きました方は、支援者としてこのホームページ上の「支援者名」のコーナーでお名前を発表させて頂きますが、本名での発表をご希望でない方は、振替用紙(郵便局)の通信欄にご希望のお名前をご記入ください。

振込口座(郵便局):
口座番号:00160−3−82542
加入者名:国際糖尿病支援基金口

関連サイト
国際糖尿病支援基金
ドリームトラスト(インド)
国際糖尿病支援基金が支援するインドの糖尿病患者さん

2014年01月
  • これまでに寄せられた寄付金
    1,508万9,280円 
  • これまでに実行した支援金
    1,484万475円 

(2019年06月現在)

国際糖尿病支援基金とは
国際糖尿病支援基金の活動
English
最近の情報

国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病