患者さんのほんね、医療者のホンネ

2013年07月16日

Q. 主治医や医療スタッフからかけられた「傷ついた言葉」

A. 患者さんのホンネ 1(全5ページ)

  • 血圧・体重測定の際に人がいる前で大きな声で読み上げられます。高齢者の患者が多いため、よく聞こえるようにと思います。この病院は成人病専門ですからほとんどの患者が同じ病気を患っているのでそれほど気にはなりませんが、人によっては嫌な思いしている人もいるのではないでしょうか。(1型糖尿病)
  • 代診の先生が、いつもの先生の治療・指導に疑問があるような言い方をした。(2型糖尿病)
  • 「兎に角、痩せろ!痩せないなら、食事をするな!」という言葉には傷ついた。患者のことはどうでも良いのだと感じた。(2型糖尿病)
  • 嬉しかったことはあまりないな。何を言われてもあまり深く考えないので傷つくことはない(1型糖尿病)
  • 「どこの病院にかかるかは自由なのでいつでも転院してかまわない」(2型糖尿病)
  • 治療法について相談したところ「その様なデータは上がっていないから有り得ない」と言われ聞き入れてもらえなかった。(1型糖尿病)
  • 「あなたには、最高の薬を使っているんですがね〜」(2型糖尿病)
  • 「カロリーさえ守れば、何を食べても良い」と、メニューの相談をしてもまともに取り合ってくれない。カロリー計算を自分で計算させられたが、カロリーオーバーの時、具体的に何を削ればいいのか指導はなかった。カロリー量さえ守れば、バランスを無視して良いのかとたずねると「バランスもできるだけ良くするように」と言うので、どうするとバランスが良くなるのかたずねると、「自分で食品交換表を見て考えるように」と言う。高い栄養相談料を取られる割には、全く役に立たず、患者の神経を逆撫でする。食後血糖値が異常に上がっているのに「このまま糖質の多い食事をとり付け続けて良い」と言う栄養士に失望しています。(2型糖尿病)
  • 発症時、五日目くらいで「あなたの病気を治すなら、臓器移植しないと治らないです。それがいやなら、一生涯注射を打たないといけないです」と言われた。(1型糖尿病)
  • 「努力していますか?」(2型糖尿病)
  • 前の主治医はご本人も1型糖尿病で、自分に出来ることが私が出来ないと怒るし、たくさん傷つく言葉を言われた。ギリギリまで精神的に追い詰められて、曜日を変更してもらい今の主治医になった。(1型糖尿病)
  • 以前の主治医は二言目には「入院」と言ってきた。インスリンの超速効性など新しい薬剤があるときも、試したいというと「入院しなければダメ」、「検査のために入院」という言葉ばかり言われるので、最後は薬剤を変えるなどの変化はこの先生の間は無理だと諦めていた。いちいち入院では経済的にももたないと言うと、「そのような人には見えなかった」と言われた。(1型糖尿病)
  • 傷ついた言葉…血管が出ませんね。(2型糖尿病)
  • 傷ついた言葉・・・禁煙をはじめた時に、「私がやめたほうが良いといったからやめたんですね!」と2回繰り返され、私の努力は医師の成果に摩り替えられ、その直後に吸い始めた。(2型糖尿病)
  • 検査結果を報告してくれない、なにかしなければならないので結果薬を増やすことしか考えていない態度がとてもいやです。(2型糖尿病)
  • 以前、体質的に合わないインスリンについて、肌荒れなどを申告すると「注射しなければ、死ぬだけだよ」と、さも鬱陶しそうに言われた。(1型糖尿病)
  • 傷ついた言葉・「何度言ったら分かるのですか!言っている私(医師)のほうが空しくなるわ。」(2型糖尿病)
  • 「大丈夫?大丈夫?って甘やかされて来たのだ」(1型糖尿病)
  • 仕事をしながらの妊娠を希望していたのに、「仕事はやめた方がいい」と言われたこと。(1型糖尿病)
  • 体重計に乗って増えてしまった時に笑われた。(1型糖尿病)

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2021 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲