学会・イベント 情報

医療スタッフ向け 患者・一般の方向け オンライン
病気とともに自分らしく生きるための自己管理プログラム
「慢性疾患セルフマネジメントプログラム」
オンラインワークショップ
「病気とうまくつきあうこと」それがセルフマネジメント~一緒にはじめてみませんか?~
慢性疾患セルフマネジメントプログラムのご案内

慢性疾患セルフマネジメントプログラムは、様々な病気の人たちで集まり、進行役も病気をもつ人がつとめ、病気と折り合いをつけながら楽しく生活していくにはどうすればよいのかを考えていくプログラムです。私たちといっしょに、病気があってもできること、やりたいことを探してみませんか?

病気があると、痛みやだるさ等の症状だけではなく、仕事や友人関係の悩み、イライラや不安など、さまざまな困難に直面します。治療だけでは解決できない問題がたくさんあって、1人で立ち向かうのは大変なことです。

慢性疾患セルフマネジメントプログラムは、1980年代からアメリカのスタンフォード大学医学部患者教育研究センターで開発が始められた、病気をもつ人たちのための実践的教育プログラムです。
慢性の病気であれば病名を問わずに参加でき、現在では世界20カ国以上で展開されています。日本では、2005年から開催されています。

詳しくは下記のリンク先ページをご覧ください。

参加費:無料 (埼玉県難病患者訓練事業による)
日 時
2022年7月23日、30日、8月6日、20日、27日、9月3日の毎週土曜日 各回13:30~16:00
(8月13日は休み)
【オンラインで開催します】事前申込が必要です
オンライン会議ツールzoomを利用します
対 象
20歳以上の (1)病気をおもちの方 (2)一緒に生活をする人(ご家族など) (3)医療・福祉関係者
医療・福祉関係者のご参加は2名までとさせていただきます。
先着順になりますのでメールにてお問い合わせください。
内 容

慢性疾患セルフマネジメントプログラムのワークショップでは、病気とともに生きる上で役に立つさまざまなワザをお伝えします。
現段階で病気を治すことはできなくても、病気で困ることは減らすことができます。
世界20か国以上で実施され日本では2,000人以上が参加した慢性疾患セルフマネジメントプログラムのワークショップ。 一緒に参加してみませんか?

CDSMPワークショップの特徴
・ 毎週1回、2時間半の集まりで全6回
・ 参加者は12名までの少人数
・ 進行は、本会の研修を修了した病気をもつ人が主に務めます
・ 話を聞くだけではなく、お互いにいろいろな話をしながら進めます
・ 自分にあわないと思うことはやらなくても良い

定 員
12名(申込者多数の場合は先着順とさせていただきます)
お申込み締切日:2022年7月9日
参加費
無料 (埼玉県難病患者訓練事業による)
申込方法
詳しくは下記ページをご覧ください。

問合・連絡先
特定非営利活動法人 日本慢性疾患セルフマネジメント協会
〒107-0062東京都港区南青山2-2-15ウィン青山942 Tel.070-6481-3643
主 催
NPO法人 日本慢性疾患セルフマネジメント協会
共 催
一般社団法人埼玉県障害難病団体協議会
[ Terahata ]
医療スタッフ向け おすすめ情報
患者さん・一般向け おすすめ情報
2022年07月
7月31日(日)
Web開催
2022年08月
8月1日(月)~31日(水)
京都・Web配信
8月26日(金)
Web開催
8月27日(土)
Web開催
8月27日(土)
徳島・Web開催

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2022 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲