学会・イベント 情報

医療スタッフ向け オンライン
糖尿病理学療法と予防理学療法の融合
―フレイルとサルコペニアに着目して―

サルコペニアは、加齢に伴う骨格筋量減少及び筋力低下を示し、様々な健康有害転機の発生に係わるとされる。サルコペニアの対策としては、運動とたんぱく質摂取が有用とされており、各種ガイドラインでも推奨されている。本講習会の中では、サルコペニアに関する最先端の情報にも触れながら、現場のセラピストが有しておくべき情報を整理したい。(メイン講師:山田実講師によるコメント)

日 時
2020年11月1日(日)および11月2日(月)~12日(木)
※ZOOMによるオンライン開催
対 象
医療スタッフ
内 容

基礎講義「サルコペニアおよび転倒予防に効果的な運動療法―TNBスタディ―」
出口憲市(徳島県鳴門病院リハビリテーション部)

「糖尿病型フレイルの実態とその対策―転倒と認知症―」
鈴木康裕(筑波大学附属病院リハビリテーション部)

ランチョンセミナー「循環器疾患のサルコペニア・フレイルについて~糖尿病との関連~」
新井康弘(練馬光が丘病院リハビリテーション室)

特別講義「糖尿病網膜症に対する生活指導と運動療法」
河江敏広(東都大学幕張ヒューマンケア学部)

「サルコペニア―病態と対策―」
山田 実(筑波大学人間系)

参加費
3,000円(会員 2,000円)
定 員
70人
連絡先
〒305-8575 茨城県茨城県つくば市天久保2-1-1 筑波大学附属病院 鈴木康裕
Tel.029-853-3795 E-mail:yasuzuki@times.hosp.tsukuba.ac.jp
主 催
つくば糖尿病予防研究会
[ Terahata ]
2020年11月
11月28日(土)
Web開催
11月28日(土)
2020年12月

12月4日(金)~5日(土)

横浜&Web開催

12月7日(月)~21日(月)

Web開催

12月11日(金)~12日(土)

福岡&Web開催

12月19日(土)

Web開催
12月20日(日)
Web開催

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2020 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲