学会・イベント 情報

医療スタッフ向け
2019年 糖尿病を持つ女性・家族と看護者のためのセミナー in 大阪
ー共に語ろう妊娠・出産ー

糖尿病と女性のライフサポートネットワークでは、ライフサイクル(生涯)を通じて、糖尿病と共にある女性と家族の健康や生活がより快適となるためのサポートの実践と、より良いサポートの開発を目指します。

本セミナーは「日本糖尿病療養指導士」認定更新のための <第1群 看護職> <第2群> の研修として申請中
日 時
2019年3月9日(土)14:00〜18:00(受付 13:30〜14:00)
場 所
大阪市中央公会堂 地下1階 大会議室
大阪市北区中之島1-1-27地図
対 象
1型糖尿病を持つ女性もしくはその家族・パートナー 30名
看護職者(看護師・助産師)、その他の医療従事者 30名
*定員になり次第締め切らせて頂きます
内 容

開会の挨拶 14:00〜14:05
熊野真美(大阪市立総合医療センター 糖尿病看護認定看護師/糖尿病と女性のライフサポート研究会 幹事)

教育講演「1型糖尿病女性の妊娠・出産について知ろう・学ぼう PART1」 14:05〜14:45
テーマ:「1型糖尿病を持つ女性の妊娠・出産」
座長:熊野真美(大阪市立総合医療センター 糖尿病看護認定看護師)
講師:田中佳代(久留米大学医学部看護学科 母性看護学 教授)

座談会「1型糖尿病女性の妊娠・出産について知ろう・学ぼう PART2」 14:45〜16:15
テーマ:「1型糖尿病を持つ女性が不安なく妊娠を迎えるために」
進行:田中佳代(久留米大学医学部看護学科 母性看護学)
演者:
福本まりこ(大阪市立総合医療センター 糖尿病内科担当部長)
窪岡由佑子(兵庫医科大学病院 糖尿病看護認定看護師)
出産経験のある1型糖尿病女性(2名)

休憩 16:15〜16:30

グループディスカッション「共に語ろう妊娠・出産」 16:30〜17:55
テーマ:「糖尿病を持つ女性が性と妊娠・出産について思うこと・糖尿病に関わる看護職者が糖尿病女性の性と妊娠・出産について思うこと」
進行:熊野真美(大阪市立総合医療センター 糖尿病看護認定看護師)

予定している主な座談会のテーマ
(1)月経・性に関すること (2)将来の妊娠・出産 (3)今からの計画妊娠 (4)娘さんの将来の妊娠・出産 (5)パートナーと考える妊娠・出産 等

ファシリテーター:
窪岡由佑子(兵庫医科大学病院 糖尿病看護認定看護師)
田中佳代(久留米大学医学部看護学科 母性看護学 教授)
恒吉慶子(兵庫県立尼崎総合医療センター 糖尿病看護認定看護師)
峰 博子(大阪市立総合医療センター 母性看護専門看護師)
森脇恵美子(大阪市立十三市民病院 糖尿病看護認定看護師)

閉会の挨拶 17:55〜18:10
田中佳代(久留米大学医学部看護学科 母性看護学/糖尿病と女性のライフサポート研究会 代表)

参加費
糖尿病と女性のライフサポート研究会会員 2,000円
日本IDDMネットワーク会員 2,000円
会員以外の医療従事者 3,000円
会員以外の一般の方 2,000円
申込方法
詳しくは糖尿病と女性のライフサポート研究会ホームページをご覧ください。 申込期間:2019年1月8日(木)〜2019年2月28日(木)
連絡先
大阪市立総合医療センター 糖尿病看護認定看護師 熊野真美
E-mail:dm@osakacity-hp.or.jp
主 催
糖尿病と女性のライフサポート研究会
[ Terahata ]
2020年01月

1月24日(土)~26日(日)

京都

1月31日(金)~2月1日(土)

群馬県高崎
2020年02月

2月1日(土)

東京
2月2日(日)
東京

2月2日(日)

東京

2月9日(日)

川崎

2月24日(月)

和歌山

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2020 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲