学会・イベント 情報

医療スタッフ向け
腎臓病と栄養・代謝・食事フォーラム2019
糖尿病療養指導士更新単位 <第1群 管理栄養士・栄養士> 2単位
日 時
2019年3月23日(土)
場 所
日経ホール
東京都千代田区大手町1-3-7 日経ビル3F地図
会 長
酒井 謙(東邦大学医学部腎臓学講座)
内 容
腎臓病と栄養・代謝・食事フォーラム2019は、2019年3月24日(土)に、日経ホールにて開催される運びとなりました。本フォーラムには、医師、管理栄養士中心に毎年多数のご参加をいただいております。

栄養療法の中心となる食事療法は、腎臓病(CKD)治療のみならず多くの疾患で治療の一翼を担うものです。近年、高齢化社会の到来とともにクローズアップされているサルコペニアやフレイルといった問題も食事療法を抜きにして解決できません。しかし現状において、食事療法に対して検討すべき問題点は多く十分な議論が必要です。

問題点の一つに、エネルギー摂取量の設定と評価が挙げられます。エネルギー摂取量の評価法に簡易で精度の高いものがなく、エネルギー摂取量の基礎となる代謝量の評価も一般的でない等、様々な要因が考えられます。またエネルギーを含めた栄養素の摂取量は、CKD患者において理想体重当たりで設定することとなっていますが、近年理想体重に対する考え方に変化がみられています。

そこで今回は特別講演として鈴木芳樹先生(新潟大学教授)にCKD患者でのエネルギー摂取と適正体重についてご講演をお願いしました。またデスカッションの場として、CKD患者におけるエネルギー摂取量や体重に関する演題を募集したいと思います。

さらに今回から、初学者を対象にしたミニレクチャーを設けることを予定しています(初回は水・Naをテーマに)。

演題募集
応募締切:2019年1月21日(月)
参加費
3,000円(学生 1,000円 ※要学生証提示)
[ Terahata ]
2020年01月

1月24日(土)~26日(日)

京都

1月31日(金)~2月1日(土)

群馬県高崎
2020年02月

2月1日(土)

東京
2月2日(日)
東京

2月2日(日)

東京

2月9日(日)

川崎

2月24日(月)

和歌山

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2020 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲