ニュース

2012年05月11日

「糖尿病研究連携部」が発足、「糖尿病研究センター」HPを開設

カテゴリーキーワード:
国立国際医療研究センター

 国立国際医療研究センター 糖尿病・代謝症候群診療部(野田光彦部長)は、2012年5月1日付けで糖尿病研究連携部に名称を変更した。同部は、これまでエビデンスに基づいた的確な医療の実施、糖尿病病診連携の推進、糖尿病とがんの関係など糖尿病情報の分析等を遂行してきた。今後はそれらに加えて、糖尿病における開発医療と臨床との橋渡しも任務とする。

 また、国立国際医療研究センター糖尿病研究センター(春日雅人・糖尿病研究センター長)は3月に、「糖尿病研究センター」ホームページを開設した。同センターは、糖尿病・代謝疾患の病因・病態をさまざまな角度から研究してその成果を統合し、▽糖尿病・代謝疾患の病態についての先進的な理解、▽糖尿病に関係する新しい診断法の開発、▽治療に係る新たなエビデンスの創出、▽糖尿病診療を担う医療従事者の育成などを目指す組織。内外の糖尿病に関する情報を分析することで、糖尿病に関係する情報の収集・発信を行っている。

[ Terahata ]

play_circle_filled ニュース記事の二次利用について

このページの
TOPへ ▲