糖尿病情報BOX&Net.

No.61
SMBG測定管理ソフトについて
糖尿病ネットワークのメールマガジンで2019年4月に実施した「ネットワークアンケート」の結果をご案内いたします。

医療スタッフに聞きました
SMBGの測定結果を管理するソフトを導入していますか?
およそ3割の医療スタッフが管理ソフトを導入しており、未導入のスタッフでは、約8割が自己管理ノートを用いていました。ノートなどのアナログな記録方法では「患者さんが持参するのを忘れる」「記入漏れや誤記、虚偽申告の疑いがある」といった課題があがりました。
糖尿病患者さんに聞きました
受診時、SMBGの記録をどのような方法で確認してもらっていますか?
自己管理ノートを見せるという人が4割。血糖測定器からデータをパソコンなどに読み込んで確認してもらうという人は28%で、「グラフや表で、血糖の動きがわかりやすい」「先生の説明が理解しやすい」といった意見のほか、「療養の頑張りがいを感じる」など治療満足度につながる意見も聞かれました。
バックナンバー

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2021 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲