糖尿病情報BOX&Net.

No.37
患者さんと医療スタッフの“相性”
糖尿病ネットワークのメールマガジンで2013年5月に実施した「ネットワークアンケート」の結果をご案内いたします。

医療スタッフに聞きました
通院されている患者さんで、“相性”が合わないと感じる方はおられますか?
医療スタッフの8割は、患者さんとのコミュニケーションの内容が、糖尿病治療に影響すると感じており、7割は「患者さんと積極的に会話している」と回答しました。
糖尿病患者さんに聞きました
主治医との“相性”について、どうお感じになりますか?
糖尿病患者さんの56%は、主治医との相性は「良い」と感じており、65%は主治医や医療スタッフの対応により「治療意欲が低下したことはない」と答えました。
バックナンバー

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2021 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

このページの
TOPへ ▲