糖尿病Q&A1000

Q.199 インスリン注入ポンプとは?

 インスリンを常時継続して注入し続ける「持続皮下インスリン注入療法」に使う器具です。持続皮下インスリン注入療法は、携帯型の小型ポンプを身につけ速効型タイプのインスリン製剤を、そのときどきの必要量に合わせて注入量を変化させ、注入し続ける方法です。インスリン依存状態にある人(おもに1型糖尿病)で、注射によるインスリン療法では血糖変動が激しすぎる場合や、厳格な血糖コントロールをめざす手段として用いられます。ただ、患者さん本人が治療の意味と方法、機器の扱いを十分に知っておかなければいけません。
2006年04月20日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2022 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

02-4-2 インスリンについてのQ&A

このページの
TOPへ ▲