糖尿病Q&A1000

Q.193 インスリン療法を始めると、食事療法を変えるのでしょうか?

 インスリン療法を始めたからといって食事療法を変える必要はありませんが、食事の内容と血糖値の関係をよく知っておいたほうが、血糖値をコントロールしやすいことは確かです。例えば食後に血糖値が高くなるのは、食べた物に含まれている炭水化物(糖質)を消化吸収するためであって、脂質やタンパク質は直接的には関係ありません。同じカロリーの食事でも含まれている炭水化物の比率により、食後の血糖値は変わります。もう少し詳しくみれば、炭水化物にも消化吸収の早いものとそうでないものの差があり、それによって食後の血糖変動が変わってきます。
 このようなことを少しずつ覚えていけば、食べる量・内容によってインスリンの量や注射のタイミングなどを微調整するなどの工夫もできるようになります。ただし、こうした工夫は、しっかりとした知識を身につけ主治医に相談したうえで行わないと、体重や血糖値のコントロールを乱したり、低血糖を起こしやすくなったり、栄養バランスが悪くなったりします。
2006年04月20日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2022 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

02-4-2 インスリンについてのQ&A

このページの
TOPへ ▲