糖尿病Q&A1000

Q.182 速効型と超速効型の違いはなんですか?

 注射から効果発現までの早さや、効果が最大になるまでに要する時間を、速効型よりもさらに早めたのが、超速効型インスリンです。注射後10〜20分程度で効果が現れ始め、30分から1時間程度で効果が最大になります。超速効型は速効型よりも新しく、最近使用できるようになりました。
2006年04月20日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2022 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

02-4-2 インスリンについてのQ&A

このページの
TOPへ ▲