糖尿病Q&A1000

Q.179 たくさんあるインスリン製剤を、どのように使いわけるのですか?

 よりよい血糖コントロールをめざすには、体内のインスリンレベルをできるだけ健康な人のインスリン分泌に近いかたちにするのが一番です。健康な人のインスリン分泌は、1日24時間少量ずつ分泌される「基礎分泌」と、食事をとることなどで血糖値が上がり始めると同時に分泌されて血糖値を下げる「追加分泌」があります。基礎分泌を補うには作用時間が長いインスリン、追加分泌を補うには注射後すぐに効果が現れ、短時間で作用がなくなるインスリン(速効型や超速効型)が適しています。それぞれのインスリン製剤の特徴を生かして、できるだけ血糖値が高くならないような方法を選びます。
2006年04月20日

※ヘモグロビンA1c(HbA1c)等の表記は記事の公開時期の値を表示しています。

Copyright ©1996-2022 soshinsha. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。
治療や療養についてかかりつけの医師や医療スタッフにご相談ください。

02-4-2 インスリンについてのQ&A

このページの
TOPへ ▲