国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

Payal Ingleさん

■ 2010年12月
Payal Ingleさん
インドのドリームトラスト(Dream Trust)理事長のSharad Pendsey先生より、国際糖尿病支援基金を通じて新たに支援する患者さんの写真とプロフィールが送付されましたのでご紹介します。

浦野陽子様

ドリームトラストへの御支援ありがとうございます。
浦野様がご支援してくださる子供さんのプロフィールをお送りします。今後も、引き続き、Payalの成長を報告させていただきます。

名前:パヤール・イングレ
性別:女性
生年月日:2000年11月5日
身長:136?、体重:26kg
住まい:Tahsil Nangaon, Dist Amravati
家族:Payal本人、両親、兄2人(17歳と13歳、2人とも学生です)、父方の祖父母の7人家族です。
Payalの父親は小さな土地を所有し、農業を営んでます。母親も農業を手伝っています 。家族の1ヶ月の収入は約600USドルで、父親が生計維持者です。
    
Payalは2007年8月に1型糖尿病を発症し1日3回インスリン注射を打っています。
彼女は現在5年生で、年間テストで64点を取りました。
写真を送りますので、ご覧ください。
よろしくお願いします。

Dr. Sharad Pendsey
Managing Trustee
ドリームトラスト代表 医師 シャラッド ペンデセイ



Dear Ms Yoko Urano,

Welcome to DREAM Trust!
Here are the details of the child who will be sponsored from the funds provided by you.
We will keep you informed of the progress.

Name: Payal Ingle
Sex: Female
D.O.B. 05/November/2000
Height: 136 cm
Weight: 26 kg
Address: Tahsil Nangaon, Dist Amravati

Family background:
Total family members: 7; Payal, her parents & 2 elder brothers (17 & 13 years old) –studying. Payal’s paternal grandparents
Father is a farmer – they own a small piece of land – & her mother helps him Monthly family income: USD 60 approximately
Earning members: Father

Personal History:
Payal was detected to have type 1 DM in August 2007 She takes insulin thrice daily.
She is a class 5 student; her score in previous annual exams was 64% Here is her photograph

Regards,
Sharad Pendsey
2010年12月
国際糖尿病支援基金
  • これまでに寄せられた寄付金
    1,508万9,280円 
  • これまでに実行した支援金
    1,484万475円 

(2019年06月現在)

国際糖尿病支援基金とは
国際糖尿病支援基金の活動
English
最近の情報

国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病