国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

Golti Lohiさん

■ 2010年6月
Golti Lohiさん
インドのDream Trust理事長のSharad Pendsey先生より、国際糖尿病支援基金を通じてご支援しているGolti Lohiさん(1型糖尿病)の近況を知らせる手紙が送られてきました。



加藤 孝 様

インド、ナグプールより心をこめて御挨拶申し上げます。
1型糖尿病の少女ゴルティ ロティの御支援、ありがとうございます。
ゴルティは元気にしております。1日2回インスリンを打っています。
ゴルティは、洗濯、食器洗い、家の掃除、料理と家事をしています。
去年は、てんかんの発作による痙攣をおこすことなく過しました。
てんかんの薬も飲み続けています。右肩の関節に関節炎を起こして始めているため、理学療法も必要です。
母子家庭であるため、彼女の母親の日給1ドルの収入で6人の家族を養っています。
家族全員が大変な状態です。

Dear Mr. Takashi Kato,

Warm greetings from Nagpur, India!
I would like to thank you for sponsoring Golti Lohi the type 1 diabetic girl.
Golti is doing well. She takes 2 injections of insulin daily.
She looks after the household work (washing clothes/utensils, cleaning the floors of their house and cooking.
She had no convulsions in last year and her anti epileptic drugs are still continuing.
She now has developed peri arthritis of right shoulder joint and requires physiotherapy for it.
Her mother is a widow and has to work after 6 family members with earning of 1 USD per day.
The family is going through a difficult time.

Regards,
Sharad Pendsey
2010年06月
国際糖尿病支援基金
  • これまでに寄せられた寄付金
    1,508万9,280円 
  • これまでに実行した支援金
    1,484万475円 

(2019年06月現在)

国際糖尿病支援基金とは
国際糖尿病支援基金の活動
English
最近の情報

国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病