国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

Aparna Palさん

■ 2007年3月

Aparnaさん(右側)
左側は妹さん
Aparna Palさん
1日3回のインスリン注射を行うようになって、元気になりました。からだが成長しており、3月現在で体重27kg、身長は1m32cmになりました。

親愛なる下島 晃 様

インドのナグプールから、あなたとあなたのご家族へ、感謝の熱い気持ちをこめて!

Aparna Palさんをご支援いただき、ありがとうございます。

ありがたいご支援のおかげで、Aparnaさんは血糖測定とインスリン注射を続けることができます。クリニックへの交通費にも利用しています。


お母さんといっしょに
Aparnaさんは、1日3回のインスリン注射を行うようになって、元気になりました。からだが成長しており、3月現在で体重27kg、身長は1m32cmになりました。

学校では5年生で、今月は進級試験があります。彼女は昨年の試験で86点をとりました。

彼女は最近、姉妹とお母さんといっしょに、私たちのクリニックにやってきました。上の写真はそのとき撮ったものです。


2007年03月
国際糖尿病支援基金
  • これまでに寄せられた寄付金
    1,735万1,984円 
  • これまでに実行した支援金
    1,644万8,092円 

(2021年10月現在)

国際糖尿病支援基金とは
国際糖尿病支援基金の活動
English
最近の情報

国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病