国際糖尿病支援基金 トップページへ メールマガジン無料登録

Anil Chavanさん

■ 2009年1月
Anil Chavanさん
新年おめでとうございます。中島様、ご家族にインド・ナグプールからご挨拶申し上げます。
1型患者であるアニルへご支援いただいているお陰で定期健診、インスリン、注射器、通院費用を賄うことができています。


親愛なる中島加誉子 様―

アニルは元気にやっており、1日2回インスリンを打っています。
現在、高校2年生です。
写真を一緒に送らせていただきます。

Dear Ms Kayoko Nakajima,
Warm greetings from Nagpur, India! Wish you & your family a happy new year!
I would like to thank you for sponsoring Anil Chavan, the type 1 diabetic.
Your generous support has helped very much, taking care of regular monitoring, insulin + syringes, healthcare and travel.
Anil is doing well, takes 2 injections of insulin daily.
He is studying in Class 11.
Here is his photograph.
Best regards,
Dr. Sharad Pendsey
2009年01月
国際糖尿病支援基金
  • これまでに寄せられた寄付金
    1,735万1,984円 
  • これまでに実行した支援金
    1,644万8,092円 

(2021年10月現在)

国際糖尿病支援基金とは
国際糖尿病支援基金の活動
English
最近の情報

国際糖尿病支援基金が支援する団体
  Insulin for Life
    (IFL:オーストラリア)の活動


  DreamTrust(インド)の活動
  Fundacion Vivir con Diabetes
    (FUVIDA:エクアドル)の活動


  Diabetes Kenya Lifeline
    (JAMBO!:ケニア)の活動

わが友、糖尿病